立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

BGS学生リーダーイベント企画:卒業生を招いてトークセッションを開催

講演・シンポジウム|イベント

2021/1/20

2020年12月18日(金)、ベータ・ガンマ・シグマ(BGS)* APUチャプターの学生リーダー企画のイベントが開催されました。学生リーダー企画イベントは昨年から実施していますが、今回初めて卒業生をゲストに招き「社会人として感じる新型コロナウイルスの影響と充実した学生生活を送るヒント」をテーマにトークセッションが行われました。
*BGSはAACSB認証校で学ぶ学生の中で特に成績優秀な学生で構成される団体です。

BGSメンバーの卒業生であり在学中はBGSの学生リーダーでもあった、Vu Huy Hoangさん(国際経営学部2019年卒業)と MOHAMED Ikram Mohamed Ihthishamさん(国際経営学部2015年卒業、経営管理研究科2019年修了)がゲストとして登壇しました。

Hoangさんは監査法人KPMGでの勤務を経て2020年10月より立命館大学の大学院へ進学しており、自身が経験したことをもとに「一旦は“失敗”を認める。そしてその失敗を長期的な成功へとつなげる」ことや「向上心を持ち、自身を高めるための機会を常に求める」ことなどについて参加した学生にアドバイスしました。またVuさんは、コロナにより今まで当たり前だったキャンパスライフが送れないもどかしさを抱えている学生や、企業の採用縮小や見送りなど通常よりも厳しい就職活動を強いられている学生たちに対して、困難をどのように乗り越えていくかのヒントも合わせて伝えました。

Ihthishamさんは、自身の学生生活を振り返り、充実した学生生活を過ごすためのヒントと、大手総合情報サービス会社Bloomberg. L.Pで働き始めてから感じるようになったことを参加学生に共有しました。「企業名ではなく自身のキャリアパスを踏まえて就職先を決める」「どの部署で何の仕事をしたいのか、どのようなスキルを磨いていくのかを決めた上で就職先を探す」「バイリンガルだけでは、もはや強みにならない」など、特に就職活動に関するアドバイスは経験者から発せられる重みのある言葉ばかりで、参加者も熱心に聞き入っていました。

イベントを企画したBishal Dhakalさん(国際経営学部、4回生)は、2019年に実施されたIhthishamさんのトークセッションに参加しとても感化され、自身が就職活動をしている中で先輩たちの経験談やアドバイスを聞いてみたいと思ったため、今回イベントを企画したと語りました。

今回のBGS学生リーダー企画のTalk with BGS Alumniはシリーズ化を予定しており、これからもAPU生に役立つコンテンツでイベントを企画していく予定です。



  • LINEで送る

PAGETOP