学生証・氏名変更など

学生証について

学生証は、APUの学生であることを証明する大切なものです。常にこれを携帯し、大切に取り扱ってください。

学生証を提示しなければならないとき
  • 本学教職員から提示を求められたとき
  • 試験を受けるとき
  • 通学定期券や学割乗車券を購入するとき
  • APUライブラリー等の特に定める施設に入室するとき
  • 図書の貸出を受けるとき
  • 各種証明書の交付を受けるとき
  • 大学の施設・備品を借用するとき
学生証に関する注意事項
  • 学生証は他人に貸与、または譲渡してはいけません
  • 学生証を折り曲げたり、汚したり、スマートフォンや携帯電話に近づけたりしないこと
  • 学生証を紛失したとき、名前など記載事項に変更があった時は、直ちにスチューデント・オフィスに届け出てください
  • 学生証の再交付を受けた時、卒業・退学・除籍などで学籍を失ったとき、休学をしたときは、直ちに学生証をスチューデント・オフィスに返却してください
毎セメスター学生証の裏面シール(在籍確認シール)を貼り替える必要があります
  • 学生証の裏面に貼るシールを在籍確認シールといいます。このシールには学生証の有効年月日等が記載されています。学生証は、貼り付けている在籍確認シールの有効年月日を超えると無効になります。また、在籍確認シールのない学生証も無効です。
  • シールに記載の有効期限日前にスチューデント・オフィスの窓口で交付を開始するので、随時取りに来てください。 シールには現住所などを記入し、学生証の裏面に貼り付けてください。シールを張り替える場合は、必ず前のシールをはがしてから新しいものを貼り付けてください。

在籍確認シールサンプル春
在籍確認シールサンプル秋

学生証を紛失・破損・汚損したとき
  • 学生証の紛失・破損・汚損などによって再発行が必要な場合は、スチューデント・オフィスで手続をしてください。申請の2開室日後に交付されます。再発行手数料は2,000円です。
  • 紛失時には学生証に付いている電子マネーを停止するために生協にて手続をしてください。
名前が変更になったとき 写真を変更したいとき
  • 学生証に記載されている名前が変更になったときは、学生証を再交付します(無料)。パスポートや住民票などの証明できる書類のコピーを持参してスチューデント・オフィスに来てください。
  • 学生証に記載されている顔写真の変更を希望する場合は証明写真を準備してスチューデント・オフィスに来てください。再発行手数料2,000円が必要です。
卒業が延びた学生は学生証の更新が必要です
  • 学生証にはあなたの8セメスター終了後(学部生の場合)の卒業予定年月日のデータが学生証の有効期間として記録されています。8セメスターを超えて在籍する場合、データを更新して有効期間を延長する必要があります。更新しない場合、ライブラリーなどで学生証を利用することができません。
  • データの更新作業はセメスターごとに行いますので、9セメスター以上の学生は毎セメスター学生証をスチューデント・オフィスに持ってきてください。申請の2開室日後に返却されます。
学生証に記載する氏名の原則
  • 立命館アジア太平洋大学では、学生の氏名の表記について次のような原則を定めています。
    ①学生の氏名表記は、アルファベットを基本とします。
    ②氏名表記の順序は、姓〈Family Name〉+名〈Given Name〉(+ミドルネーム〈Middle Name〉)の順です。この並びと母国での姓名の順序が異なる場合は、姓〈Family Name〉の後に「,」をつけます。
学生証と電子マネー
  • 学生証には生協が管理する電子マネーが搭載されています。証明書発行、証紙の購入では学生証に搭載されている電子マネーを使う必要があります。また、APU内の生協ショップ、カフェテリアでも使えます。電子マネーは生協組合員以外でも利用できます。
学籍番号について

学生証には、8桁の学籍番号が印字されています。出席表や試験の答案用紙およびレポート、その他の手続で提出する書類には、この学籍番号を正確に記入してください。

ページトップへ戻る