立命館アジア太平洋大学

CLOSE

学生生活

プログラム内容

プログラム体系

HPGCは3つのコアで構成されています。それぞれのコアの詳細はプログラム開始時に説明します。

1. アカデミック・コア
GPA、単位数、言語スコアにおいてプログラムに定める基準を維持・達成することが求められます。

2. フューチャーリーダー・コア
リーダーとしての資質を伸ばすための定期セミナー、合宿、外部講師や校友会による講演やワークショップに参加します。

  • プログラム参加後最初のセメスター:合宿+定例セミナー (毎週)
  • プログラム参加後の第2セメスター以降: 定例セミナー (月1~2回)
  • 全セメスター: APUの教職員・卒業生・学外から講師を招いての講演会・ワークショップ等 (適宜)
  • 大学役職者との懇談会

3. サービスラーニング・コア
地域社会に現存する社会問題や課題に取り組むサービスラーニングを様々な分野にて行います。具体的には、大学が実施するプログラムや学外でのボランティア活動に参加したり、自分自身でプロジェクトやイベントを企画・実施し、定められた基準にもとづきバッジを申請し、必要とされるバッジ数を獲得することを修了要件とします。
また、積極的にサービスラーニングに取組み、一定のバッジに達した学生にはバッジ数に応じて3段階のサービス・アワードのランク認定を行い、APUのロールモデルとなることを目指し意欲的に取り組んだ学生としてプログラム修了時に表彰されます。

卒業制作

HPGC生としての経験を通じて達成したことを1つ、卒業前に集大成として形にまとめ、発表します。

卒業制作の成果をポスターにまとめ卒業前の期末時期にポスターセッション形式で成果を掲示し、卒業式前日にHPGC生、教職員、家族や友人の前で口頭プレゼンテーションを行います。

プログラム継続要件・修了要件

プログラムへの継続、修了、脱退は、運営委員会にて決定されます。プログラムを継続、修了するためには以下の要件をすべて満たすことが必要です。継続審査は各セメスターに行われます。

① 継続基準
1) 成績基準
  a) GPA : HPGC参加後、2セメスター連続で通算GPAが3.0を下回らない
  b) 単位数: 第1・第2セメスター:14単位以上修得
       : 第3~第6セメスター:16単位以上修得
2) 言語基準(日本語が第一言語の学生のみ)
   2回生から3回生への進級時、TOEFL550点以上(相当)
3) HPGC関連イベント及びミーティング出席
   各種ミーティング出席率90%以上

② 修了基準
1) 成績基準
  a) GPA: 通算GPA3.0以上
  b) 自身の大学卒業要件を全て満たしていること
2) 言語基準
  日本語が第一言語の学生 - TOEFL580点以上(相当)
  日本語が第一言語でない学生 - 日本語能力検定N2以上取得
3) HPGC関連イベント及びミーティング出席
  各種ミーティング出席率90%以上
4) サービス・ラーニング・コアで定める活動に参加、また自ら活動やイベントを企画・実施し、認定を受けること。
5) 卒業制作に取り組み、成果を発表すること。

PAGETOP