付属研究センター

立命館アジア太平洋研究センター(以下、RCAPS)は、アジア太平洋地域に関する総合的研究を行うことを目的として、開学前の1996年に立命館大学に設置され、2000年開学とともに立命館アジア太平洋大学所管の研究センターとなりました。

RCAPSにおける研究活動は、年1回の国際学術会議、年2回のRCAPSジャーナルの発行、定期的なセミナー開催等により、国内外の研究者の研究成果を広く受信する場、さらに学内の教員・大学院生の研究成果を広く発信する場、双方としての役割を担いながら、本学の研究活動の基幹組織として重要な拠点となっています。

2007年度に研究高度化計画を策定し、重点4研究分野(①国際移動と変容、②資源と人間の安全保障、③人材開発とイノベーション、④マネジメント・サイエンス)における研究を強化する政策を打ち出しました。その具体的施策として、RCAPSの下に附属の研究センターを設置しました。

付属研究センター

■ APU次世代事業構想センター (APU-NEXT)

■ 民主化支援研究所

■ ムスリム研究センター(RCMA)

■ アジア太平洋観光国際センター (iCAPt)


Connect with us:
FACEBOOK

ページトップへ戻る