立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

キャンパスマップ

アクセス案内へ

約41万6千平方メートルの広大な敷地を誇るAPUのキャンパスに、最新の設備を備えた多様な施設が13の建物に配置されており、学びの場、研究の場、暮らしの場として、さらに世界中との情報の受発信の場として機能しています。

  • 各建物をマウスオーバーすると、建物の外観写真と説明文が表示されます。
  • 環境により表示されない場合は、下記の「施設一覧」をご参照ください。
キャンパスマップPDF版
A棟 B棟 BⅡ棟 C棟 D棟 E棟 EⅡ棟 F棟 FⅡ棟 G棟 H棟 APハウス1 APハウス2

施設一覧

A棟(本部棟)

大学の運営本部であり、本部機能のほか、進路、就職をサポートする「キャリア・オフィス」、学生支援の「スチューデント・オフィス」、学生募集の「アドミッションズ・オフィス」などが入っています。会議室・多目的スペースなども配置されています。

1F スチューデントオフィス/キャリアオフィス/ヘルスクリニック/中央監視室/株式会社クレオテック
2F アドミッションズ・オフィス/コンベンションホール/株式会社クレオテック
3F 会議室/アドミニストレーション・オフィス
4F 学長室 ( 広報/事業計画/父母/社会連携/秘書/校友会事務局 ) /役員室
5F 特別研究室

B棟(研究棟)

教員の個人研究室、学生と教員の共同研究などが行われるゼミプロジェクト室を配置。また、「立命館アジア太平洋研究センター」、教学・言語教育・交換留学担当の「アカデミック・オフィス」、研究担当の「リサーチ・オフィス」が配置されています。

1F アカデミック・オフィス/リサーチ・オフィス
2F 研究会室 (RMR)
3F-5F 個人研究室/ゼミ・プロジェクト室

BⅡ棟(研究棟Ⅱ)

言語教員控室や、コンピュータルームやラウンジなどを備えたインスティテュート教育ラボ、そして教員の個人研究室が配置されています。このほか中国語や中国言語文化の普及を目的としたAPU孔子学院も入っています。

1F 上級講師/嘱託講師 共同執務室/非常勤講師共同控室/言語教育センター/学生相談室/APU 孔子学院
2F インスティテュート教育ラボ/個人研究室
3F 個人研究室

C棟(ミレニアムホール)

APUと地域、そして世界との接点として利用するホール棟です。入学式、卒業式、講演会、国際的な文化イベント、国際会議場などとして使用されています。

D棟(メディアセンター)

APUライブラリー(図書館)をはじめ、マルチメディアラボ、マルチメディアルームなどAPUの情報発信の拠点となります。コンピュータを活用して言語運用能力を向上させるCAI教室や、情報処理演習室も配置されています。

1F APU ライブラリー/マルチメディアルーム/アカデミック・オフィス ( ライブラリー分室 )/D101-D108 教室/生物・化学実験室/物理学実験室/マルチメディアラボⅢ
2F APU ライブラリー/D201-D214 教室
3F D301-D305 教室/情報処理演習室 (IPS)1-6/マルチメディアラボⅠ/CAI教室 1-12/情報システム事務室/コンテンツ開発室

E棟(スチューデントユニオン)

学生が集い交流する施設です。1階は900席のカフェテリア形式のレストランおよびパシフィック・カフェがあります。2階には、中央部に学生団体用のスペースがあるほか、学生ラウンジ、スタジオ、音楽練習場、和室等があります。

1F カフェテリア/パシフィックカフェ
2F スチューデントホール

EⅡ棟(スチューデントユニオンⅡ)

1階は、書籍や食品、日用雑貨を販売する生協ショップがあります。2階には、学生団体用のプレゼンテーションスペースと学生イベントや講演会の開催が可能な多目的ホールがあります。

1F APU 生協ショップ
2F 多目的ホール/プレゼンテーションスペース/マルチメディアラボⅡ

F棟(教室棟)

30~50名の小規模教室、100~300名の中・大規模教室、教員の研究室などを収容した施設で、主に講義・演習で利用します。また、正課外での言語学習をサポートする自習室としてSALCを開設しています。

1F F101-F112 教室/和心庵 ( 茶室 )/言語自主学習センター (SALC)
2F F201-F214 教室/電子工学実験室
3F F301-F304 教室/個人研究室

FⅡ棟(教室棟Ⅱ)

30名の演習教室、300名の大規模教室の他、パソコンを備えた情報処理演習室やコンピュータを活用して言語運用能力を向上させるCAI教室を収容した施設で、主に講義や演習で利用します。

1F FⅡ120-FⅡ124 教室/情報処理演習室(IPS)7-9
2F FⅡ220-FⅡ222 教室/FⅡ224-FⅡ226 教室/CAI教室 20-28
3F FⅡ302-FⅡ331 教室

G棟(体育館)

国際試合に対応可能なバスケットボールアリーナとフィットネスルームが配置され、野外の各種グラウンドと併せてスポーツを通じたキャンパスコミュニケーションを高める役割を担います。

H棟(大学院棟)

200~300名規模の大教室のほか、2階には150名程度収容できる階段教室があります。大学院の授業がここで行われています。

1F H101-H102 教室
2F H201-H202 教室
3F 個人研究室

APハウス1、APハウス2

国際学生と国内学生が生活をともにする学生住居施設です。各自の居室をはじめ、各階ごとのシャワーユニット、共同キッチンのほか、会議室、浴室が配置されています。2007年に2棟増築したことにより、APハウス全体の収容定員は1,310名となりました。

PAGETOP