立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

学生生活

交通手段

別府市内の移動や通学には、公共バスが便利です。

バス

ほとんどのAPU生は、普段、公共バス(2会社)を利用しています。通学用のバス定期券を購入する際には、学生割引を受けるとお得です。定期券があれば、APUから自宅間を何度でも利用できます。通学時間の目安は、JR亀川駅からは15分、別府駅からは35分から45分です。交通事情にもよりますが、市内であればどこから乗っても、APUまで1時間もかからないでしょう。各バス会社が発行している回数券、プリペイドカードも、別府市内の観光に利用することができます。詳しくはバス会社に問い合わせてください。

バイク・原付・スクーター

日本で運転できる免許証および保険証を持つAPU生は、キャンパスまでバイクやスクーターで通学することができます。駐車場の利用は、あらかじめスチューデント・オフィスに届出を行う必要があります。車通学は許可していませんが、免許証と保険に加入している他者が送り迎えをすることは許可されています。詳しくは、スチューデント・オフィスに問い合わせてください。

APハウスからAPUへ

原則、国際学生は全員、国内学生は一部が、入学後の1年間、キャンパスに隣接する学生寮「APハウス」に居住します。APハウスからキャンパスまでは、徒歩で5~10分程度の距離です。APハウスの正門前には市内へ向かうバス停もあり、移動にも便利です。市内で利用できる割引チケットやプリペイドカードなどは、APU生協でも購入可能です。

その他の都市・海外へ

※詳しくは、APU生協のトラベルデスクにお問い合わせください。

陸 路

R九州の主要駅・別府には、特急ソニック、にちりんをはじめ、多くの電車が停車します。大分県内、九州圏内はもちろん、小倉駅を経由して本州にも簡単に移動できます。留学生には割引チケットもあります。
APU生は高速バスもよく利用します。福岡・博多へは片道2時間、約3,000円です(お得な回数券あり)。高速バスの停留所は、キャンパスから徒歩圏内にあるほか、市内各地にもあります。

空 路

東京、大阪、名古屋、ソウルへは、大分空港からそれぞれ直行便が出ています。空港への移動はリムジンバスを利用します。市内から空港までの所要時間は約70分(交通事情により変動します)、運賃は片道約1500円(お得な割引チケットあり)。
また、キャンパスから徒歩圏内に、福岡空港行リムジンバスの停留所もあります。特に、アジアの各都市には、福岡空港の利用が便利です。

海 路

別府港からは、四国の宇和島、大阪・神戸を往復するフェリーが毎日就航しています。別府と関西を結ぶ「さんふらわあ」は、夜間就航するフェリーです。瀬戸内海のたくさんの島影、瀬戸大橋、明石海峡大橋などの夜景も見どころです。

PAGETOP