立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

学生生活

課外活動・地域交流

マルチカルチュラル・キャンプ

国内学生50%、国際学生50%の参加者が別府市のキャンプ場に集まり、1泊2日でゲームやハイキング、料理作りを通して異文化交流を満喫する「Multicultural Camp(マルチカルチュラル・キャンプ)」。 自分とは異なる文化を持った学生と積極的に交流することで、新たな発見や仲間作りに繋がります。APUらしさが詰まったこのキャンプは、毎年春セメスターに実施しています。

マルチカルチュラル・ウィーク

世界各国の学生が学ぶAPUでは、学生が中心となって、毎年、春(5月~7月)と秋(11月~1月)の2回、数カ国・地域の国にスポットを当て、その国の言語や文化を週替わりで紹介するイベント「マルチカルチュラル・ウィーク(Multicultural Week)」 を開催しています。
各ウィークとも、 100 名から 150 名もの学生が一体となってイベントを作り上げていきます。このイベントの特徴は、当該国・地域出身とは異なる学生が参加学生の約 3 割を占めていることです。彼らは、当該国の学生から直接指導を受け、異文化の表現者として参加します。このイベントを通じ、母国への誇りや他国への尊厳の念を育むことを学ぶとともに、相互理解力・課題遂行力・自主性・協働性といったグローバル人材に求められる力を、自然と身につけていきます。

天空祭(学園祭)

学園祭「天空祭」は、全学年が初めて揃った2003年に始まりました。 エスニック料理も並ぶ模擬店や各国の民族舞踊や伝統芸能といった多彩なパフォーマンス、ボランティアサークルの活動展示など、学生が用意した様々な企画が来場者を魅了しています。毎年秋に、2日間実施しています。2日目の夜は花火の打ち上げもあり、祭りのフィナーレを盛り上げます。

クラブ・サークル

APUはサークル活動ひとつとっても異文化理解を深めるチャンスに満ちています。国籍や言語、文化、価値観の異なる仲間と協働でイベントを創り上げるのがAPUのスタイルです。 語学や異文化理解促進を目的とした団体や国際的な問題解決に国内外で挑む団体など、世界を視野に活動するクラブ・サークルが豊富にあります。多国籍の学生とともに、大きな夢や目標に向かって全力でチャレンジする経験は、世界のために活躍する人材へと成長していくための大きな糧となります。

地域交流

APUは地域の国際化と活性化を重要な使命の一つとし、学生や教職員は地域交流にも積極的に取り組んでいます。たとえば、地域活性化のためのプロジェクトにゼミで取り組んだり、地域の人と協力して祭りを創り町興しに携わったりしています。 地域の人に支えられ、助け合い、共感しながら強い絆を育んでいます。

学生向けウェブサイト”FAFA”

”For APU Students, From APU Students (FAFA)”は、APU学生広報スタッフ(SPA)の視点で、APUの今を紹介するサイトです。APUで学生生活を送るうえで役立つ情報を中心に、積極的に活動する学生や教職員の姿を紹介しています。

PAGETOP