自主活動団体への補助金

I.自主活動団体への補助金

1.特認団体に認定されたクラブ・サークルは、審査の上、単年度最大50万円までの補助金を受けることができます。詳細はこちら

2. 大学に登録されている全ての学生団体は以下の制度に応募し、大学からの金銭的支援をうけることができます。

  • (1) イベント・プロジェクト支援制度タイプB選抜型プロジェクト
    独創的で突出したプロジェクトに対し、活動費最大50万円を補助します。詳細はこちら
  • (2)自主活動奨励制度
    大学に登録しているクラブ・サークル、イベント・プロジェクト団体、ウィーク、学生スタッフ団体(有償・謝礼があるものは除く)、または個人が応募でき、それぞれの活動において実績を残した団体・個人を奨励する制度です。選ばれた団体には、補助金でなく、奨励金が贈られます(団体10万円、個人5万円)。応募詳細はキャンパスターミナルを参照のこと。
II.特認団体補助金に関する手続き
1.補助金申請手続
  • 毎年度、スチューデント・オフィスより特認団体へ申請について連絡をします。
  • 指定された期限までに申請システムにて補助金申請を行います。
  • 過去の使用実績や見積に基づき、費用の詳細を具体的に説明すること(備考欄に詳細を記入)。
  • 補助の必要性や効果について熟慮のうえ、具体的に説明をすること「団体や団体のメンバーの負担減」という事由のみの申請は却下します。
  • 申請終了後、学生委員会で補助対象・補助額が決定されます。
  • 補助額は対象項目の3分の2(3分の1は団体の自己負担)。
2. 各費用の補助利用手続

<遠征・企画等に関わる費用>

  • (1) 遠征・企画前
    • 補助が発生する遠征・企画に関する活動申請を申請システム上で10開室日前までに行い、スチューデント・オフィスより承認をうけること。
      ※申請の際、「団体種別」の項目において「特認団体」を選択し、補助金の申請をすることを示すこと。
  • (2) 遠征・企画後
    • ①遠征・企画終了後、「活動報告」を申請システム上で活動終了後10開室日以内に行い、スチューデント・オフィスより承認をうけること。
      ※活動前に承認をうけた活動申請を取込み、どの活動の報告書であるかを明確に示すこと。
    • ②スチューデント・オフィスが活動報告書を承認した後、10開室日以内に申請システムにて「補助金申請(遠征・企画)」を行うこと。また、その直後(遅くとも3開室日以内)に裏書をした領収書をスチューデント・オフィスに提出すること(領収書の規定は下記参照)。
      ※申請システムで「補助金申請(遠征・企画)」を行う際、スチューデント・オフィスが承認した活動報告を取り込み、「補助金申請(遠征・企画)」の画面上に決済番号を表示すること。
    • ③スチューデントオフィスが「補助金申請(遠征・企画)」を承認後、10開室日以内に代表と会計が印鑑を持参の上、スチューデントオフィス窓口に来ること。
    • ④スチューデント・オフィスが「補助金申請(遠征・企画)」を承認した後、登録されている団体の銀行口座へ金額の振り込みがされます。

<その他物品等に関わる費用>

  • (1) 物品購入前
    • 補助金申請で記入した見積額を上回る金額の補助はしません。補助金申請の際に商品を確定しておくこと。
  • (2) 物品購入後
    • 物品購入後、10開室日以内に申請システムにて「補助金申請(物品等)」を行うこと。また、同時に裏書をした領収書をスチューデント・オフィスに提出すること(領収書の規定は下記参照)。
  • (3) スチューデントオフィスが「補助金申請(物品等)」を承認後、10開室日以内に代表と会計が印鑑を持参の上、スチューデントオフィス窓口に来ること。
3.領収書

(1) 領収書発行の際の注意点

宛名 「立命館アジア太平洋大学」または「Ritsumeikan Asia Pacific University」と記入されているもの
(注)「APU」「立命館」は無効
発行元印 領収書表に発行元による印鑑もしくはサインがあること
金額・購入物 領収書表に金額と但し書きが記入されていること
裏書き
  • ①購入日
  • ②購入品目、単価×数量、用途 ※交通費の場合は利用区間を明記
  • ③正式学生団体名
  • ④口座名義(団体名)、口座名義人の肩書(代表もしくは会計)・氏名・学籍番号
    [例]APU日本文化クラブ 会計 十文 洋子 12345678
  • ⑤口座名義人の印鑑
収入印紙 5万円以上の領収書には収入印紙が必要
訂正印 表の場合は発行元の訂正印を押すこと
裏書きを訂正する場合は、大学に登録をしている口座名義人の印鑑にて押印

(2)領収書サンプル

(3)海外で発行される領収書の場合(英語圏)

  • 「領収書」:Receiptと書かれていること
  • 「立命館アジア太平洋大学」:Ritsumeikan Asia Pacific Universityと書かれている (注)APUは無効
  • 発行元印もしくは発行元のサインがあること

(4)海外で発行される領収書の場合(英語圏以外)

  • 英語で領収書を発行してもらう
  • 英語で発行できない場合は翻訳を添付する。但し、宛先(Ritsumeikan Asia Pacific University)は必ず英語で標記があること
4.銀行口座の登録について(マスター登録)
  • ①補助金は個人の口座ではなく、各団体の口座に振り込まれます。「団体名 + 代表/会計 + 個人名」の口座名義で口座を開いてください。
    ※[例] APU日本文化クラブ 会計 十文 洋子
  • ②口座を新規に開いた場合、大学に団体口座を登録する必要があります(マスター登録)。通帳と印鑑をもってスチューデント・オフィス窓口にて手続きをしてください。
    (注)「予算申請」時にマスター登録を済ませてください。「出金依頼書」提出時にマスター登録/変更がない場合不備とみなし補助しない場合がある。
  • ③口座の名義人になっているメンバーが退部もしくは卒業する場合、名義変更を必ずしてください。名義変更終了後、スチューデント・オフィスにてマスター登録変更を行ってください。尚、名義変更は口座の名義人が行う必要があるので、必ず退部もしくは卒業前に手続きを行ってください。
  • ④マスター登録の変更はスチューデント・オフィスの窓口で行います。通帳と印鑑をもってスチューデント・オフィスにて手続きをしてください。
    ※ 出金依頼書を提出してから振込みまで数日かかります。口座名義は振り込みが確認されるまで変更しないでください。
    役職変更等で名義変更をする予定がある場合は、補助金出金依頼書の提出時までに行ってください。

ページトップへ戻る