公的研究費の適正管理

1. 公的研究費の不正使用防止への取組み

立命館アジア太平洋大学では、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日、2014年2月18日改正、以下「公的研究費管理監査ガイドライン」という)に基づき、「立命館アジア太平洋大学における公的研究費の管理に関する規程」(2015年5月12日施行)を制定しました。この規程に基づき、公的研究費の適正な執行のための取り組みを進めます。

2. 国のガイドライン

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」 (PDF)
(平成26年(2014年)2月18日改正、文部科学大臣決定)
※厚生労働省、総務省等の各省庁から同様のガイドラインが出されています

3. 立命館アジア太平洋大学の公的研究費不正使用防止のための基本方針・規程等
4. 機関内の責任体系の明確化(「公的研究費管理監査ガイドライン」と規程で公表すると定められているもの)

「立命館アジア太平洋大学における公的研究費の管理に関する規程」において以下のように責任体制を明確にしています。

  1. 最高管理責任者:立命館アジア太平洋大学(以下、大学名省略)学長
  2. 最高管理責任者を補佐し、本大学の公的研究費の管理を統括する責任と権限を有する統括管理責任者:学長が指名する副学長
  3. 研究者に対して、公的研究費の適正執行の遵守を周知し、監督する責任と権限を有する研究コンプライアンス推進責任者
    1. 国際協力・研究部長
    2. 教員所属組織の長
  4. 研究コンプライアンス推進責任者を補佐する研究コンプライアンス推進副責任者
    1. リサーチ・オフィス課長
    2. リサーチ・オフィス以外の公的研究費を管理する課の課長
    3. その他研究コンプライアンス推進責任者が指名する者
  5. 公的研究費に関する学内外からの相談窓口:リサーチ・オフィス
  6. 公的研究費の不正使用に関する学内外からの通報窓口:学校法人立命館通報処理規程で定める通報窓口
5. 不正使用防止計画の概要

統括管理責任者は、公的研究費の不正使用の発生する要因に対応する研究費不正防止計画を年度ごとに策定し、公開します。大学全体の公的研究費の不正防止計画を推進する研究費不正防止計画推進部署はアドミニストレーション・オフィスです。

2015年度公的研究費不正使用防止計画 (PDF)
2016年度公的研究費不正使用防止計画 (PDF)

6. コンプライアンス教育の実施

「公的研究費管理監査ガイドライン」の概要と、研究者および研究機関が留意すべき事柄について、2014年度から教職員を対象に研修会を実施しています。

7. 誓約書の提出について

(6)の研修後、受講者は誓約書を提出します。公的研究費の申請や受給をするためには誓約書の提出が必要です。

8. 研究費執行ガイドブックについて

2016年度版 研究費執行ガイドブックはこちら(学内者のみに公開)

9. モニタリング体制

内部監査規程にもとづき、業務監査室は、次に定める内部監査を毎年度実施します。

  1. 不正使用防止計画推進部署の管理体制および活動状況の監査
  2. 重点的にサンプル抽出して行う監査など
10. 通報について

公的研究費の不正使用に関する通報窓口については、こちらをご覧ください。

●研究不正防止への取組みについてはこちら

11. その他


ページトップへ戻る