2010/8/5

産学官交流研究「低炭素社会のための太陽電池事業化Gr」第1回会議開催

2010年7月30日(金)、平成22年度産学官交流研究グループ「低炭素社会のための太陽電池・応用製品の事業化研究」の第1回会議が開催されました。


本交流研究は、10以上の組織(大学、企業、官公庁)から太陽電池の開発・事業化に携わっている方々、関心を持つ方々をメンバーとし、それぞれの組織が現在直面している問題・課題について活発な討議を行いながら、太陽電池事業化のための研究を進めていきます。

第1回会議では、運営方針等についての確認、各組織の専門分野の紹介、当研究グループの主任教員である本学APM中田行彦教授による講演(「太陽電池産業の現状:世界の動向と政府・自治体の支援策」)、また講演内容を踏まえた意見交換などが行われました。

次回以降も各大学教員による講演や、各組織が持ち寄る具体的な課題・問題への討議などを重ねながら、低炭素社会の実現と共に大分県の地域振興を支援することを目的とし、ギブ・アンド・テイクを原則とした活発な交流研究を行っていきます。

トピック
セミナー|地域連携
お知らせ一覧へ

ページトップへ戻る