2008/10/21

2008年度大分市人材育成事業「技術経営(MOT)講座」がスタートしました。

2008年9月25日(木)、大分市産業活性化プラザで、2008年度大分市人材育成事業「技術経営(MOT)講座」がスタートしました。同講座は、大分市からAPUが委託を受け、講座全体を組み立てコーディネートすると共に、APUから講師を派遣し協力して開講している講座です。2006年度より実施し今年度で3年目になります。
第1回は、「技術経営(MOT)てなに?電卓のイノベーションの事例から」と題して、中田 行彦 教授(立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋マネジメント学部)と、首藤 義久 様(元シャープ大分技術センター所長)を講師として、35名の受講者をお迎えして実施されました。


講義は12回連続で、10月17日には、特別見学会〜新日本製鐵株式会社 大分製鐵所、石井工作研究所 大分曲工場 を実施いたします。

 詳細はこちら 2008年度大分市人材育成事業「技術経営(MOT)講座」

トピック
セミナー|地域連携
お知らせ一覧へ

ページトップへ戻る