2019/5/16

高梨千賀子准教授が書籍を出版いたしました。

国際経営学部(APM)の高梨千賀子准教授が近代科学社より“デジタル・プラットフォーム解体新書―製造業のイノベーションへ向けて―”と題する書籍を出版いたしました。

高梨准教授のコメント:「本著は、ビジネスマンとアカデミアがそれぞれの専門性と経験を用いて作り上げたものです。その出会いはとある研究会でした。個人の立場で参加した専門家が、それぞれの立場で多くの興味深い議論を行ってきました。本著はそのような議論を少しでも社会に還元できたらと、まとめたものです。IoT、Industrie4.0、プラットフォームに関連した本があふれている中、本著はデジタル・プラットフォームを、ソフトウェア工学と経営学の両面から捉え解説しているのが特徴です。前半は今我々が目の前にしている現象を読み解くための視点や考え方を、後半は、企業および業界の最新動向や事例を取り上げています。上司から「IoTで何かやれ!」など漠然とした指示を受け悩んでいるソフトウェアのことがよくわからない営業マンや、事業戦略などよくわからないというソフトウェア開発者が、最初に手にするような本になれれば、とてもうれしいです。」

詳しい情報は下記URLをご覧ください。
https://www.kindaikagaku.co.jp/news/20190426.html

トピック
出版物
お知らせ一覧へ

ページトップへ戻る