2017/11/24

ムスリムフレンドリー醤油 開発状況報告会兼試食会開催

APU×Fundokin×Inspire共同研究プロジェクト

2017年10月28日(土)、天空祭の会場で、フンドーキン醤油×インスパイア×APUの共同研究プロジェクトチームが開発中のしょうゆ加工品、「はちみつ醤油」と「カボス醤油」の共同研究開発状況報告会兼試食会を開催しました。

校友やGCEP研修生*、ムスリムの方を対象とした報告会兼試食会では、開発チームの学生の代表が、はちみつやカボスを採用した経緯や商品コンセプトなどを紹介しました。また実際に2種類の醤油を使用して調理されたナシゴレンと生春巻きを振舞い、参加者に商品に対する感想を話し合ってもらいました。

屋外に設置したテントでは一般の方を対象とした試食会を行い、とうふやなすにそれぞれの醤油をかけたものを提供し、試食後アンケートに回答してもらいました。台風22号接近による悪天候の中、たくさんの方に協力いただきました。

「はちみつ醤油」と「カボス醤油」は今回のアンケート結果をもとに更に改良を加え、2018年春の国内販売を目指します。

商品の詳細はこちらをご覧ください。

*GCEP研修生
APUの多文化環境での学修を通じて、グローバル人材として必要な力量を修得することを目的とした社会人対象のプログラム。

トピック
地域連携
お知らせ一覧へ

ページトップへ戻る