概要

センター長挨拶

世界のムスリム人口は、現在、約16億人にのぼり、その多くがいわゆる「アジア太平洋地域」に集中しています。日本としても、2020年の東京五輪を見据えた来日外国人2,000万人計画の中で、ムスリム観光客の来日促進については戦略的重要性を見出していますが、宗教文化的な禁忌を持つ彼らを地域レベルでスムーズに受け入れていくための基盤作り及び地域での彼らの「おもてなし」の体制をいかに築くか、彼らとの地域における文化的共生をどのようにして市民レベルで確立するかなどを巡る議論については、まだ緒に就いたばかりです。 RCMAの目的は、イスラム圏の研究に主軸を置いたものではなく、多岐にわたります。たとえば、大分への観光や居住目的のムスリムの方々にとって、大分を快適に感じてもらうにはどのようなことが必要であるかということや、大分県をはじめとする日本の地方企業がイスラム圏をはじめとする海外でビジネス展開するにあたり必要なことなど、80以上の国と地域から学生が集まっている本学の多様な文化的背景を持つ環境から得られる経験をもとに、研究者のみならず企業、地方自治体、地域にお住まいの皆さんにとって有益な機会や情報を提供できると考えています。さらに、RCMAの様々な活動が、本学のユニークな人的資源と地域の課題とを結びつけ、「地方創生」に貢献するような実践的な研究テーマを掲げて活動を行っていけると確信しております。本学の新たな可能性を拓くものとして、今後のRCMAの活動に期待してください。

RCMAセンター長 笹川 秀夫

活動方針

当センターでは今後以下の取り組みをすすめていきます。

  • 地域におけるムスリム文化との共生のあり方について

  • 地域活性化や地域企業の更なる発展、地方創生にも資するようなモデルの構築

  • 多様な文化的背景や専門分野の研究者および企業・団体・自治体と連携することによる、ユニークかつ実践的な研究活動の展開

  • 「経営学・ファイナンス」「観光学」「文化・思想・社会学」「国際関係・政治学」などの分野におけるイスラームに関する研究活動

主な活動予定

① 研究プロジェクト
RCMAの活動方針に沿った、複数の研究プロジェクトを本学教員が中心となり立ち上げます。その成果を地域や社会に還元していく活動を推進していきます。また、シンポジウムなどで成果を発表していきます。

研究テーマ 研究代表者名 共同研究者名 領域 採択額
貧困削減のためのツールとしてのイスラーム・マイクロファイナンス:
バングラデシュ、インドネシアの事例
BARAI Munim Kumar 鈴木 泰
UDDIN Helal
HASAN A K M Kamrul
国際金融 \500,000
ムスリム社会と連携した循環型社会創出の為の
社会起業の可能性調査
KIM Rebecca ChungHee 塚田 俊三
MAHICHI Faezeh
Mohan V Avvari
産学連携・産学官連携 \1,000,000
APUないしはAPUを包含する別府における多文化共生の現状把握と
その模索についてのプロジェクト
清家 久美 吉川 拓郎
竹沢 尚一郎
多文化共生社会の模索 \1,000,000
日本語指導が必要な児童生徒に対する
支援のあり方に関する研究
立山 博邦 住田 環
矢津田 花絵
立山 愛
多文化共生社会の模索 \730,000
インドネシア・イスラム銀行における
ムシャラカ金融リスクマネジメントの実態分析
鈴木 泰 Dahlan Nariman
上原 優子
Shoaib Khan
国際金融 \500,000

※各研究プロジェクト概要はこちら(PDF)

② シンポジウム・セミナーの開催について
純粋な学術研究のみを推進するのではなく、双方向型での研究成果の発信や対話の機会を地域社会や企業関係者等と積極的に持つことを想定しています。キックオフシンポジウムを6月中旬に開催を予定しております。また、セミナー、Webinarなどの開催も行なう予定です。研究プロジェクトに関わる本学教員や学生のみならず、広く産業界や自治体関係者等からも講演者・参加者を募ります。なお、開催地については、大分県内に留まらず県外でも実施する予定です。

③ RCMAニュースレターの刊行
研究活動等の進捗・成果などをまとめたニュースレターを発行します。

④ 「ムスリム研究コンソーシアム」の設置について
RCMAの研究活動における産学官連携をより円滑かつ効果的に推進するための研究交流組織を設置します。RCMAの研究活動に関心を持つ企業・団体等からの参加を呼び掛け、会員間および本学教員と会員との相互交流のプラットホームとして位置付ける予定です。(準備中)

お問い合わせ先

立命館アジア太平洋大学
リサーチ・オフィス内
ムスリム研究センター

住所:〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1
電話番号:0977-78-1134
Email:rcma@apu.ac.jp

取材依頼は下記にお願いします。
http://www.apu.ac.jp/home/business/content9/
学長室
電話番号:0977-78-1114

ページトップへ戻る