立命館アジア太平洋大学

CLOSE

教育

基本情報/人材育成目的

人材育成目的(APM Mission)

国際経営学部は、マネジメントに関する基礎的な知識を伝授し、異文化コミュニケーション能力を強化し、文化の多様性を維持することを通じて、グローバル化する企業やその他組織における経営上の諸問題の解決のために活躍する、職業倫理を備えた人材育成をミッションとする。

学位

学士(経営学)
※各学修分野に配置された科目から12単位以上修得した場合、学位記に当該分野名称を記載

修学期間

4年間
※早期卒業プログラムの場合、3年もしくは3年半で卒業可能

学修分野

会計・ファイナンス

企業活動におけるお金の流れを把握し、資金を調達・運用する知識を身につける

企業の状態はお金の流れや増減によって判断されます。これを会計といい、資金の調達・運用の分野をファイナンスといいます。会計・ファイナンスの深い知識を学び、専門性を養っていきます。

マーケティング

顧客にとって価値の高いモノやサービスを効果的に市場へ提供する方法を探る

ニーズの高いモノやサービスを生み出す手法を学びます。何を、どのくらい、いくらで、どのように提供すべきか。その理論や手法を学び、世界で活躍できる視野の広い企業人をめざします。

経営戦略と組織

ビジョンや行動原理の視点から、組織の持続的発展を導く経営戦略を考える

組織が発展し続けるためには、社会的ニーズに応じた目標の設 定と、目標達成のために一定の行動原理や方法に従って活動す ることが必要です。このコースでは、その仕組みについて理解し ます。

イノベーション・経済学

企業発展をもたらすイノベーションと、ビジネスを効率化する生産管理について学ぶ

イノベーションと効率的な生産管理は企業発展の原動力。何が企業に変革をもたらすのか、多様な生産管理の手法、また経済基盤や企業が発展することで得られる社会の経済発展についても学びます。

国際認証AACSB取得

国際経営学部と経営管理研究科は、マネジメント教育の国際的な認証評価機関であるAACSB Internationalより、世界でも最高水準の教育を提供する教育機関として認証を取得しています。

詳しくはこちら

国際経営学部の学生に関するデータ

2016年~2018年度における国際経営学部の学生に関するデータ

学生に関するデータ 2016年度 2017年度 2018年度
入学者数 345
(16年4月)
235
(16年9月)
390
(17年4月)
273
(17年9月)
387
(18年4月)
253
(18年9月)
在籍者数 2687
(16年11月)
2857
(17年11月)
2639
(18年11月)
国籍数 68
(16年11月)
56
(17年11月)
50
(18年11月)
卒業者数 248
(16年9月)
344
(17年3月)
273
(17年9月)
305
(18年3月)
302
(18年9月)
320
(19年3月)
標準年限での卒業者数 502
(84%)
501
(87%)
530
(85%)
就職率 97% 97% 96%

直近の卒業生就職データ

2018年度 業種別就職者割合

2018年度 主な就職先企業・団体(50音順)
  • アクセンチュア(株)
  • アステラス製薬(株)
  • SMBC日興証券(株)
  • 岡三証券(株)
  • キヤノン(株)
  • 九州旅客鉄道(株)
  • コニカミノルタ(株)
  • 清水建設(株)
  • スズキ(株)
  • 大王製紙(株)
  • 東京海上日動火災保険(株)
  • 東京瓦斯(株)
  • 凸版印刷(株)
  • パナソニック(株)
  • 西日本鉄道(株)
  • 日産自動車(株)
  • 日本アイ・ビー・エム(株)
  • 日本銀行
  • 富士ゼロックス(株)
  • 富士通(株)
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券(株)
  • マルハニチロ(株)
  • 丸紅(株)
  • ヤマト運輸(株)
  • 楽天(株)
  • (株)IHI
  • (株)エヌ・ティ・ティ・データ
  • (株)キーエンス
  • (株)クラレ
  • (株)神戸製鋼所
  • (株)サイバーエージェント
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • (株)帝国ホテル
  • (株)ニトリ
  • (株)ファーストリテイリング
  • (株)博報堂
  • (株)福岡銀行
  • (株)みずほフィナンシャルグループ
  • (株)三井住友銀行
  • (株)三菱東京UFJ銀行
  • (株)ユニクロ
  • (株)りそな銀行
  • (株)ローソン
  • 入学に関する情報はこちらをご覧ください
  • キャリアサポートに関する情報はこちらをご覧ください

PAGETOP