立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

教育

博士前期アジア太平洋学(APS)

アジア太平洋学専攻について
Asia Pacific Studies

今や全世界の人々が、継続的かつ着実な成長を遂げるアジア太平洋地域を指して21 世紀を「アジア太平洋の世紀」と捉えています。アジア太平洋地域の台頭は、特に G20 における政治権力の増大や着実な成長を促す経済的な相互関係により見てとることができ、またこうした経済的な相互関係は、同地域の人々における密接な社会的、 経済的な相互作用につながっています。

アジア太平洋研究科の博士前期課程アジア太平洋学専攻では、学生たちをアジア太平洋地域が直面する課題に対処できる有能なリーダーとして育成することが目的です。具体的には、複雑かつ絶え間なく変化する社会的・文化的状況と国際的な問題を分析し、地域が直面する課題に対して実現可能な解決策を追求し、最終的には豊かな未来への道を切り拓いていけるような学生たちを育成しています。学生は、専門的な知識や洞察力を蓄積していき、客観的かつ体系的な方法で複雑な事実を解釈することで、発生する問題に対して洞察力のある解決策を社会に提供できるようになります。

本専攻の修了生は、国内外のシンクタンク所属の研 究者や大学教員、非政府組織/非営利組織(NGO /NPO)、民間企業、地方/中央省庁などの職員としてのキャリアを追求できます。また、APU の博士後期課程に進学してさらなる研究活動を追求する修了生も少なくありません。

構成内容

研究対象は、国際関係、社会・文化という2つの分野に分かれます。それぞれの分野では、分析の基礎となる科目、アジア太平洋地域を対象とした研究の基幹となる科目、専門領域の科目、セミナー科目という4つの科目を設けています。
そして、この科目構成によって体系的な研究ができる仕組みになっています。その体系的な科目構成のなかでデータ収集、仮定、分析といったプロセスを意識した分析スキルを修得しながら、研究成果としてレポートや論文を執筆します。

詳細は「大学院入試情報」をご覧ください。

大学院入試情報
※外部リンクへ飛びます

PAGETOP