立命館アジア太平洋大学

CLOSE

留学・海外学習

交換留学準備プログラム BASE

2019年度 申請情報

申請期間(予定) 2019年4月1日(月) ~ 4月19日(金)16:30
申請方法 申請についてはこちらをご確認ください。
申請資格
  • 英語初級の英語力を持った2018年度秋・2019 年度春入学1回生
  • 2年次または3年次での交換留学申請を目標とする高い学修意欲を持つもの
募集ガイダンス 2019年4月10日(水) 15:10~、16:05~、17:00~ (場所: F212)

BASE(交換留学準備プログラム)

BASEとは、海外交換留学を目指す1回生の英語初級履修開始レベルの日本語基準学生を対象とし、8ヶ月のプログラム期間を通して、交換留学合格につながる英語力を得るために、英語基礎力の向上、自律的学修習慣の形成、申請に必要な知識・能力の修得を目指す正課外の留学準備コースです。

英語に自信がないけれど交換留学を諦めたくない・・・本気で頑張る8ヶ月!

必修英語を初級から履修開始する学生が2回生・3回生で交換留学の合格を掴むためには、1回生の間に英語の基礎力を向上させることが必要であり、1回生の英語検定の対策を始めるには、充分な英語基礎力が不可欠です。BASEでは英語講座、課題、自習会、夏期合宿を通して、300時間以上の学修時間を担保しており、英語検定対策が始められるレベルまで英語運用能力を高めていきます。8ヶ月間でしっかりとした学修習慣を身につけることが、交換留学合格、また成功する留学につながります。

一人じゃないから頑張れる、お互いに高めあえる仲間づくり!

APUに入ったからには交換留学を目指したい、だけど一人で勉強を続けていくためのモチベーションが続くか不安・・そんな方のために、BASEでは、受講生同士のコミュニティ形成にも力を入れています。8ヶ月間、苦楽をともにする中で、プログラム修了時には「仲間の存在が学修のモチベーション維持に繋がった」、「プログラム外でも一緒に勉強ができた」、「応援してくれる人が増えた」という受講生が多くいます。

教員、先輩学生TAによるサポートを受けられる!

BASEでは英語講座だけではなく、APU教員と先輩学生TA(ティーチングアシスタント)によるワークショップも実施され、目標設定、自己分析、留学先の大学調べ、英語学修と留学に対するモチベーションの確認が行われます。教員による学修指導や個別カウンセリングだけでなく同プログラムの受講経験を持ち、交換留学から帰国した先輩学生による学修支援や留学相談など、きめ細かなサポートを受けながら、将来の交換留学合格を目指していきます。

2019年度 暫定版スケジュール

5月4~5日(1泊2日) スタートアップ合宿
水曜日3限
セメスター中に4回
ワークショップ
水曜日3限
セメスター中に5回
自習会
日曜日に2コマ(計12日間) 英語講座
7月17日 TOEFL®ITP学内受験
① 8月1日~8月6日
② 9月9日~9月20日
夏期集中講義
9月24日~26日(2泊3日) 夏期合宿
9月27日 TOEFL ITP受験(BASE学生のみ)
水曜日5限
セメスター中に4回
ワークショップ
水曜日5限
セメスター中に5回
自習会
日曜日に2コマ(計11日間) 英語講座
10月23日
1月15日
TOEFL®ITP 学内受験

体験談
2015年度BASEプログラム参加
佐藤萌夏
2016年度夏派遣 タイ Thammasat University交換留学
BASE TA(ティーチングアシスタント)経験者

英語が苦手だった私にとって必要なのは、英語のテクニックだけではなく英語学修を継続するためのモチベーションの向上でした。ワークショップではBASE生同士で何度も自己分析を行い、留学先での計画を議論し合いました。同じ目標を持つ同期の存在があり、目標と向き合う姿勢を身につけられたからこそ、継続して学修を行い短い期間で結果を出すことができたと思います。1人では達成できるか不安だけど、留学に対する強い意志があるという人に是非挑戦してほしいプログラムです。

2019年度より、必修英語コースを「英語準中級」科目から開始する新入生を対象とした新規プログラムEXCEEDが始まります。

PAGETOP