立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

留学・海外学習

APUの留学・海外学習の特徴


派遣プログラム

APUの多文化・多言語環境で学び、考え、行動する。こうして身につけた「知識」や「行動力」を実社会で活用する。こうした実践型の学びを得るためのプログラムを、APUでは「Off-campus Study Programs」と呼んで、学生の積極的な参加を推奨しています。

APUでは年間を通して、異文化体験や言語運用能力向上、ゼミ研究のための現地調査など短期間の海外学習から、APUの国際的なネットワークを活用し、およそ世界47 カ国・地域の協定校で専門科目を学ぶ長期間の交換留学まで、様々なOff-campus Study Programsを実施しています。
また、学生が入学後の早い段階から異文化への興味を膨らませ、自身の目標とする海外学習を選定し将来のキャリアプランを描けるように、目的や能力、期間、資金に合わせた段階的な学習体験の機会を提供しています。
更に、それぞれの目標に向けて必要な留学前の学習支援と、就職や進学など留学後に直面する進路選択へのキャリア支援など、一貫したサポート体制で学生の海外学習を支援しています。

実施プログラムは一覧をご覧ください。


受入プログラム

APUでは日本の言語と文化を集中的に学ぶGateway Programや、1セメスターまたは1年の間、APUで学ぶ私費・交換留学プログラムを提供しています。これらの受入プログラムを総称して「Study@APU programs」と呼び、様々な国・地域からたくさんの学生を迎えています。

留学生は、プログラムで提供される授業に加え、学生サークルや地域の方々との交流など、正課外活動にも参加することができます。

世界のどこにもないAPUの多文化・多言語環境で日本とアジア太平洋について知識を深め、これからのグローバル社会で活躍するために必要なスキルを身につけませんか?

あなたがAPUの多文化キャンパスの一員になる日をAPUの教職員、学生一同楽しみに待っています。

PAGETOP