2017年度カリキュラム適用学生向けのページです

オナーズ・プログラム

国際関係オナーズ・プログラム(IRオナーズ・プログラム)

本プログラムは、学修分野に「国際関係」を登録した上で、所定の要件を満たした学生にプログラム修了認定を行う制度です。この認定制度を通じ、学生に対して、個別性の高い指導を行う機会を拡大するとともに、国際理解・異文化理解を促進することを主な目的としています。

認定制度の対象学生
  1. 2017年春以降に入学し、アジア太平洋学部に在籍する学生
  2. 学修分野に「国際関係」を登録した上で、認定制度に登録した学生
認定制度への登録
  1. 第2・第3セメスターの学修分野登録可能時期(A期間、B期間、修正期間1、修正期間2)において、学修分野に「国際関係」を登録した上で、IRオナーズ・プログラムに登録を行う必要があります。
  2. 「所属学修分野の最終登録(確定)を行う第6セメスターの履修科目登録修正期間2に、IRオナーズ・プログラムへの登録を継続するか、中止するかを決定しなければなりません。
認定条件

認定制度に登録の上、下記の条件を満たした場合、IRオナーズ・プログラム修了認定を行います。

  1. 国際関係学修分野科目の単位を30単位以上修得していること。
  2. 国際関係学修分野に所属する教員の指導の下、卒業論文を執筆し、審査に合格し、A或いはA+の成績を得ていること。(『卒業研究Ⅱ』の単位をA或いはA+の成績で取得していること)
  3. APUが提供するオフキャンパス・プログラムに1プログラム以上参加し、その単位を取得していること。対象となるオフキャンパス・プログラムは、別表の通り。(国内学生については、海外で実施されるプログラムのみを対象とします。国際学生については、国内で実施されるものも対象とします。)
  4. 卒業時のGPA(通算)が3.00以上であること。
  5. 卒業時の国際関係学修分野科目のGPA(通算)が3.25以上であること。
教員による支援

国際関係学修分野に所属する教員は、学生が学修分野の仮登録を行う第2セメスターより、プログラムに登録した学生に対し、適宜指導を行い、第6セメスターのオナーズ・プログラムへの登録継続及び最終的なオナーズ認定に繋げるようにします。専門演習を履修する第5セメスターからは、演習担当教員が指導、支援を行います。

IRオナーズ・プログラム修了認定について

オナーズ・プログラムを修了した学生に対し、卒業時に、APS学部長名による「国際関係オナーズ認定証(Honors Certificate in International Relations and Peace Studies)」を国際関係学修分野の教務主任が授与します。認定証の再発行は、原則として不可とします。

照会先

国際関係学修分野 教務主任
Emilia S. HEO :emiheo@apu.ac.jp

別表:対象となるオフキャンパス・プログラム
対象プログラム 国内学生 国際学生
①FIRSTプログラム(海外) ×(但し、日本語基準学生は可)
②FIRSTプログラム(国内) ×
③SECONDプログラム
④英語イマージョン・プログラム ×(但し、日本語基準学生は可)
⑤AP言語イマージョン・プログラム ○(母語以外)
⑥SENDプログラム ×(但し、日本語母語は可)
⑦サービスラーニング・プログラム △(日本語基準学生を優先)
⑧インターンシップ(協定型-海外の企業等)
⑨インターンシップ(協定型-国内の企業等) ×
⑩Global Communication Program(GCP)プログラム ×(但し、日本語基準学生は可)
⑪フィールド・スタディ(海外)
⑫フィールド・スタディ(国内) ×
⑬プロジェクト研究(海外)
⑭プロジェクト研究(国内) ×
⑮海外サマープログラム(大学が指定する、協定校のサマープログラムのみ)
⑯交換留学(海外協定大学) ○(母国以外)
⑰共同学位プログラム ○(母国以外)
⑱立命館大学国際平和交流セミナー ×

※立命館大学等の国内大学との交換留学(単位認定)プログラムは対象としない。(上記⑱は、立命館大学が主催するフィールド・スタディプログラムであることから対象となる)
※プログラムの新規開発、見直しにより、対象プログラムが変更(追加・削除)されることがある。


ページトップへ戻る