2017年度カリキュラム適用学生向けのページです

ダブルディグリー・プログラム

ダブルディグリー・プログラムとは、APUでの学位に加えて、派遣先大学の学位も得ることができるものです。APUでは現在、セント・エドワーズ大学(米国)、ネオマビジネススクール(フランス)、ザルツブルク応用科学大学(オーストリア)、慶熙大学(韓国)、とダブルディグリー・プログラムを展開しています。派遣時期や派遣内容は派遣先大学によって異なりますが、派遣学生は4年間を通じて、APUに対してのみ学費を支払います。単位認定は、各大学の規定に基づき行います。

2021年度派遣 セント・エドワーズ大学とのダブルディグリー・プログラム募集について

St. Edward’s University

2021年度派遣の募集要項は2020年12月21日(月)に公開されます

募集ガイダンス実施日

*ZOOM Linkについて
開始時刻に上記URLにアクセスしてください。参加にあたって使用する端末はPCを推奨しています。

出願期間 2021年2月1日(月)~3月22日(月) 16:30
書類審査結果及び面接日時発表 2021年3月29(月)
*APU在学生にはキャンパスターミナルにて連絡
*入学予定者には申請時に登録したメールアドレスに連絡
TOEFLITP実施予定
(希望者のみ)
2021年4月3日(土)
※今後の新型コロナウィルスに関わる状況次第では、学内でのTOEFL ITP試験が実施できない可能性があります。そのためご自身で外部試験(TOEFL iBT, IELTS)を受験することを強く推奨します。
TOEFL結果発表 2021年4月9日(金)
面接実施予定
*具体的な日時は大学が指定します。
2021年4月12日(月)~4月14日(水)
学内選考結果発表 2021年4月27日(火)
内定者ガイダンス 第1回 4月28日(水) 16:05~
*出席必須 渡航までに数回実施予定
出発 2021年8月

以下去年の募集要項です(参考まで)

応募資格
回生:
①2019年秋セメスターに入学した学部1回生(米国国籍の学生を除く)。
②2020年春セメスターに1回生として入学予定の学生(米国国籍の学生を除く)。
学部:
アジア太平洋学部のみ
言語基準:
日本語基準、英語基準ともに応募可能。
国内学生・国際学生:
国内学生、国際学生ともに応募可能。
成績:
(在学生のみ)通算GPA3.00以上 (出願時は、第1セメスターの成績のみで通算GPAが原則3.00以上であること)
言語運用能力:
派遣時にTOEFL ITP 550 (iBT 79点)以上、IELTS 6.0以上の言語基準を満たす者。
※出願時は、TOEFL ITP 525 (iBT 71点)以上、IELTS 5.5以上、TOEIC 700点以上、
英検準1級の言語基準を満たしていれば応募は可能。
派遣人数:
最大5名以内
派遣期間:
2020年8月~2022年5月
(2019年秋入学者は第3セメスター~第6セメスター第1クオーター)
(2020年春入学者は第2セメスター~第5セメスター第1クオーター)
申請方法

ダブルディグリー・プログラムの申請には以下のステップが必要です。
募集要項および以下の注意事項をよく読み、申請を行ってください。
以下のステップを完了しない場合は、書類不備となり選考を行いません。
また、複数回入力を行った場合は、入力日が新しいほうのみを受け付けます。


Step 1: 証明写真(データ)および、3つの書類を準備

  • オンライン申請の最後に①写真②経費支弁書③英語スコアのコピーをアップロードする必要がありますので、それらを事前に準備してください。

①証明写真(データ)

  • 正面を向き、帽子、マスク、サングラスなどは着用していない写真データを準備してください。
  • なるべく過去6ヶ月以内に撮影されたものを使用してください。
  • ファイル名は例に従い、「Photo_学籍番号(もしくは受験番号)_氏名(アルファベット)」としてください。
    例) Photo_11111111_RITSUMEIHanako.jpeg

経費支弁書 (PDF)

  • 経費支弁者にダブルディグリー・プログラムのウェブサイトより経費支弁書をダウンロードしてもらい、直筆署名をもらってください。その後、申請者自身も署名したものを提出してください。
  • ファイル名は例に従い、「Financial_Support_学籍番号(もしくは受験番号)_氏名(アルファベット)」としてください。
    例) Financial_Support_11111111_RITSUMEIHanako.pdf

③英語スコアのコピー (TOEFL/IELTSなど)

  • 申請時には、ウェブスコアや期限切れスコアでの申請が可能です。ただし、合格後は原本のスコアコピーが必要です。
  • 英語基準学生も英語スコアを提出する必要があります。
  • アドミッションズ・オフィスでは、入学試験時に提出されたスコアの返却は行いません。
  • ファイル名は例に従い、「Score_学籍番号(もしくは受験番号)_氏名(アルファベット)」としてください。 
    例) Score_11111111_RITSUMEIHanako.pdf

Step 2: オンライン申請(Lime Survey)

  • 指定されている項目に記入がない場合、極端に文字数が足りない場合は選考を行いません。
  • オンライン申請完了後は“Print your answers”をクリックし、申請内容を印刷し、保管しておいてください。ご自身の申請内容に関して質問がある際は、必ず印刷した申請内容を持参してください。印刷がない場合は疑義を受けつけません。

Step 3: 2020年度春入学者のみ:高校の成績証明書もしくは調査書 (を郵送してください)*アップロードの必要はありません。


郵送先
〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1 
立命館アジア太平洋大学
アカデミック・オフィス
ダブルディグリー・プログラム担当者宛
※3月19日(木)16:30必着

アカデミック・オフィス
ダブルディグリー・プログラム担当
河野、小野
+81-(0)977-78-1101
dudp@apu.ac.jp


2021年度派遣 ネオマビジネススクールとのダブルディグリー・プログラム募集について

Neoma Business School

2021年度派遣の募集要項は2020年12月21日(月)に公開されます

募集ガイダンス実施日

*ZOOM Linkについて
開始時刻に上記URLにアクセスしてください。参加にあたって使用する端末はPCを推奨しています。

出願期間 2021年2月1日(月)~3月22日(月) 16:30
書類審査結果及び面接日時発表 2021年3月29(月)
*APU在学生にはキャンパスターミナルにて連絡
*入学予定者には申請時に登録したメールアドレスに連絡
TOEFLITP実施予定
(希望者のみ)
2021年4月3日(土)
※今後の新型コロナウィルスに関わる状況次第では、学内でのTOEFL ITP試験が実施できない可能性があります。そのためご自身で外部試験(TOEFL iBT, IELTS)を受験することを強く推奨します。
TOEFL結果発表 2021年4月9日(金)
面接実施予定
*具体的な日時は大学が指定します。
2021年4月15日(木)~4月16日(金)
学内選考結果発表 2021年4月27日(火)
内定者ガイダンス 第1回 4月28日(水) 18:00~
*出席必須 渡航までに数回実施予定
出発 2021年8月

以下去年の募集要項です(参考まで)

学習計画表
応募資格
回生:
①2019年秋セメスターに入学した学部1回生(フランス国籍の学生を除く)。
②2020年春セメスターに1回生として入学予定の学生(フランス国籍の学生を除く)
学部:
国際経営学部のみ
言語基準:
日本語基準、英語基準ともに応募可能。
国内学生・国際学生:
国内学生、国際学生ともに応募可能。
成績:
(在学生のみ)通算GPA2.80以上 (出願時は、第1セメスターの成績のみで通算GPAが原則2.80以上であること)
言語運用能力:
派遣時にTOEFL PBT 550(ITP550,CBT 213, iBT79)以上、IELTS 6.0以上の言語基準を満たす者。
※出願時は、TOEFL ITP 525 (iBT 71点)以上、IELTS 5.5以上、TOEIC 700点以上、
英検準1級の言語基準を満たしていれば応募は可能。
派遣人数:
毎年最大 10名 以内
派遣期間:
2020年8月~2022年9月
(2019年秋入学者は第3セメスター~第6セメスター)
(2020年春入学者は第2セメスター~第5セメスター)
申請方法

ダブルディグリー・プログラムの申請には以下のステップが必要です。
募集要項および以下の注意事項をよく読み、申請を行ってください。
以下のステップを完了しない場合は、書類不備となり選考を行いません。
また、複数回入力を行った場合は、入力日が新しいほうのみを受け付けます。


Step 1: 証明写真(データ)および、3つの書類を準備

  • オンライン申請の最後に①写真②経費支弁書③英語スコアのコピーをアップロードする必要がありますので、それらを事前に準備してください。

①証明写真(データ)

  • 正面を向き、帽子、マスク、サングラスなどは着用していない写真データを準備してください。
  • なるべく過去6ヶ月以内に撮影されたものを使用してください。
  • ファイル名は例に従い、「Photo_学籍番号(もしくは受験番号)_氏名(アルファベット)」としてください。
    例) Photo_11111111_RITSUMEIHanako.jpeg

経費支弁書 (PDF)

  • 経費支弁者にダブルディグリー・プログラムのウェブサイトより経費支弁書をダウンロードしてもらい、直筆署名をもらってください。その後、申請者自身も署名したものを提出してください。
  • ファイル名は例に従い、「Financial_Support_学籍番号(もしくは受験番号)_氏名(アルファベット)」としてください。
    例) Financial_Support_11111111_RITSUMEIHanako.pdf

③英語スコアのコピー (TOEFL/IELTSなど)

  • 申請時には、ウェブスコアや期限切れスコアでの申請が可能です。ただし、合格後は原本のスコアコピーが必要です。
  • 英語基準学生も英語スコアを提出する必要があります。
  • アドミッションズ・オフィスでは、入学試験時に提出されたスコアの返却は行いません。
  • ファイル名は例に従い、「Score_学籍番号(もしくは受験番号)_氏名(アルファベット)」としてください。
    例) Score_11111111_RITSUMEIHanako.pdf

Step 2: オンライン申請(Lime Survey)

  • 指定されている項目に記入がない場合、極端に文字数が足りない場合は選考を行いません。
  • オンライン申請完了後は“Print your answers”をクリックし、申請内容を印刷し、保管しておいてください。ご自身の申請内容に関して質問がある際は、必ず印刷した申請内容を持参してください。印刷がない場合は疑義を受けつけません。

Step 3: 2020年度春入学者のみ:高校の成績証明書もしくは調査書 (を郵送してください)*アップロードの必要はありません。


郵送先
〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1 
立命館アジア太平洋大学
アカデミック・オフィス
ダブルディグリー・プログラム担当者宛
※3月19日(木)16:30必着

アカデミック・オフィス
ダブルディグリー・プログラム担当
ヤーコブ、小野
+81-(0)977-78-1101
dudp@apu.ac.jp


2021年春派遣 ザルツブルク応用科学大学とのダブルディグリー・プログラム募集について

St. Edward’s University

2021年度派遣 募集ガイダンス
  • 1回目: 6月17日(水) 日本語4限/英語5限
  • 2回目: 6月24日(水) 日本語4限/英語5限
  • ZOOM ID: 987 4288 1120
出願期間
  • 2020年6月8日(水)~7月10日(金) 16:30
募集要項
応募資格
  • 回生: 2020年春セメスターに入学したアジア太平洋学部に在学する1回生(オーストリア国籍の学生を除く)。
  • 詳しくは募集要項を参照ください。
申請方法

ダブルディグリー・プログラムの申請は以下のステップが必要です。注意事項をよく読み、申請を行ってください。全てのStepを完了しない場合は、申請不備となり選考を行いません。また、複数回データ入力を行った場合は、入力日が新しいほうのみを受け付けます。

Step 1: オンライン申請の準備

オンライン申請の最後に①英語スコアのコピー②証明写真(データ)③経費支弁書(PDF,JPGなど)をアップロードする必要がありますので、それらを事前に準備してください。

①英語スコアのコピー
・スキャンしたデータ、あるいは写真のデータ(PDF,JPGなど)をご準備ください。
・母語が英語ではない英語基準の学生も提出が必要です。
・ファイル名は例に従い、「氏名(アルファベット).jpg」などとしてください。
 例) Score_11111111_RITSUMEI_Hanako.jpg

②証明写真(データ)
・オンライン申請の最後に自分の顔写真をアップロードする必要があります。
・正面を向き、帽子、マスク、サングラスなどは着用していない写真データを準備してください。
・過去6ヶ月以内に撮影されたものが望ましいです。
・ファイル名は例に従い、「氏名(アルファベット).jpg」などとしてください。
 例) Photo_11111111_RITSUMEI_Hanako.jpg

③経費支弁書 (PDF)
経費支弁書をダウンロードし、経費支弁者および申請者自身の直筆署名したものをデータ化(PDF,JPGなど)し、アップロードしてください。
・ファイル名は例に従い、「Financial Support_学籍番号_氏名(アルファベット)」としてください。
例) Financial_Support_11111111_RITSUMEI_Hanako.pdf

Step 2: オンライン申請(Lime Survey)(申請期間のみ入力可能です)
・オンライン申請で使用する言語は、質問の指示に従ってください。
・推奨ブラウザー: Firefox
・オンライン申請完了後は“Print your answers”をクリックし、申請内容を印刷またはPDFで保存しておいてください。ご自身の申請内容に関して疑義がある際は、必ず申請内容をメールに添付して送ってください。それがない場合には、疑義を受けつけません。
・複数回入力を行った場合は、入力日が新しいもののみを受け付けます。
・申請に当たっては、SUASでどのような学修をしたいか、将来の目標は何か、このプログラムに参加する意義は何か、これからどんな準備をするか、などをよく考えて申請してください。

提出締切: 2020年7月10日(金) 16:30

アカデミック・オフィス
ダブルディグリー・プログラム担当
ヤーコブ、甲斐
+81-(0)977-78-1101
dudp@apu.ac.jp


2021年春派遣 慶熙大学とのダブルディグリー・プログラム募集について

2021年度派遣 募集ガイダンス
  • 2020年7月15日(水)
  • 15:30-16:00(英語)
  • 16:00-16:30(日本語)
  • ZOOM ID: 963 8933 8460
出願期間

2020年7月15日(水)~7月29日(水)16:30

募集要項

ダブルディグリー・プログラム2021年度慶熙大学春派遣募集要項 (PDF)

応募資格
  • 回生:2020年春セメスターに入学したアジア太平洋学部に在学する1回生(韓国国籍の学生を除く)。
  • 詳しくは募集要項を参照ください。
申請方法

ダブルディグリー・プログラムの申請は以下のステップが必要です。注意事項をよく読み、申請を行ってください。全てのStepを完了しない場合は、申請不備となり選考を行いません。また、複数回データ入力を行った場合は、入力日が新しいほうのみを受け付けます。

Step 1: オンライン申請の準備

オンライン申請の最後に①英語スコアのコピー②証明写真(データ)③経費支弁書(PDF,JPGなど)をアップロードする必要がありますので、それらを事前に準備してください。

①英語スコアのコピー
・スキャンしたデータ、あるいは写真のデータ(PDF,JPGなど)をご準備ください。
・母語が英語ではない英語基準の学生も提出が必要です。
・ファイル名は例に従い、「氏名(アルファベット).jpg」などとしてください。
 例) Score_11111111_RITSUMEI_Hanako.jpg

②証明写真(データ)
・オンライン申請の最後に自分の顔写真をアップロードする必要があります。
・正面を向き、帽子、マスク、サングラスなどは着用していない写真データを準備してください。
・過去6ヶ月以内に撮影されたものが望ましいです。
・写真のファイル名は例に従い、「氏名(アルファベット).jpg」などとしてください。
例) Photo_11111111_RITSUMEI_Hanako.jpg

③経費支弁書(PDF)
経費支弁書をダウンロードし、経費支弁者および申請者自身の直筆署名したものをデータ化(PDF,JPGなど)し、アップロードしてください。
・ファイル名は例に従い、「Financial Support_学籍番号_氏名(アルファベット)」としてください。
例) Financial_Support_11111111_RITSUMEI_Hanako.pdf

Step 2: オンライン申請(Lime Survey)(申請期間のみ入力可能です)

・オンライン申請で使用する言語は、質問の指示に従ってください。
・推奨ブラウザー: Firefox
・オンライン申請完了後は“Print your answers”をクリックし、申請内容を印刷し、保管しておいてください。ご自身の申請内容に関して疑義がある際は、必ず印刷した申請内容を持参してください。それがない場合には疑義を受け付けません。
・複数回入力を行った場合は、入力日が新しいもののみを受け付けます。
・申請に当たっては、KHUでどのような学修をしたいか、将来の目標は何か、このプログラムに参加する意義は何か、これからどんな準備をするか、などをよく考えて申請してください。

提出締切: 2019年7月29日(水) 16:30

アカデミック・オフィス
ダブルディグリー・プログラム担当
河野、小野
+81-(0)977-78-1101
dudp@apu.ac.jp


関連するページ


ページトップへ戻る