2017年度カリキュラム適用学生向けのページです

FAQ

1.学位記・各種証明書、卒業式開催証明書について
Q1-1. 学位記と卒業証明書は同じものですか?
A1-1. 別のものです。学位記(卒業証書)は、卒業(修了)時に1回のみ発行される学位を授与したことを証明する証書です。卒業証明書は、在学証明書や成績証明書等と同様に、必要に応じて発行できる証明書であり、就職試験や進学の際の申請書類として提出を求められることがあります。
Q1-2. 学位記を紛失しました。再発行は可能でしょうか?
A1-2.学位記は原本のため、再発行はできません。
Q1-3. 卒業証明書、成績証明書を紛失しました。発行は可能でしょうか?
A1-3. 証明書は必要な枚数の発行が可能です。スチューデント・オフィスに申請してください。
Q1-4. 就職先や進学先へ卒業証明書などを提出する必要があり、学位授与式より前に受け取ることは可能でしょうか?
A1-4. 学位授与式以前にはお渡しできません。
Q1-5. 学位記や証明書をスキャンデータで送っていただけますか?
A1-5. 大学が学位記や証明書等をスキャンデータで送ることはできません。
Q1-6. 学位授与式開催証明書とは何でしょうか?
A1-6. 卒業生が自身の家族を学位授与式に招く際に、ビザ発給申請に添付できる資料として発行している証明書になります。学位授与式を実施する日時と場所が記載されています。
Q1-7. 学位授与式開催証明書を申請できる対象を教えてください。
A1-7. Q1-6の主旨により、国際学生のみを対象としています。
Q1-8. 学位授与式開催証明書の申請方法を教えてください。
A1-8. アカデミック・オフィスホームページ上の「学位授与式開催証明書の発行(国際学生のみ)」に記載されたURL(サーベイ)より申請してください。
Q1-9. 学位授与式開催証明書を郵送していただくことは可能ですか?
A1-9. 郵送はできません。窓口のみでの受け取りとなります。
申請者本人が受け取れない場合には、代理人が申請者の身分証明書のコピーと代理人本人の学生証を持って取りに来てください。
Q1-10. ビザ発給申請時に、立命館アジア太平洋大学が身元保証人になっていただけますか?
A1-10. 本学が身元保証人になることはできません。
Q1-11. ビザ発給条件を教えてください。
A1-11. 申請条件は当該の大使館へお尋ねください。
2.学位授与式当日について
Q2-1. 学位授与式で受け取るものを教えてください
A2-1. 学位記1通、卒業証明書(日本語)1通、卒業証明書(英語)1通、成績証明書(日本語)1通、成績証明書(英語)1通、学位記フォルダ1つ、記念品1つです。
Q2-2. 学位授与式会場へ持参するものはありますか?
A2-2. 以下のものを持参してください。
①学生証 ②学長室が実施するアンケートの完了画面
Q2-3. 会場には駐車場はありますか?
A2-3. 駐車場はございません。公共交通機関等をご利用ください。
3.学位授与式に出席できない場合
Q3-1. 学位記や証明書を速達郵便(日本)で送ってもらうことはできますか?
A3-1. 申請のあったものについては送付物の内容や送付方法の関係により、日本国内への発送は「ゆうパック(着払い)」で、日本以外はEMSでお送りします。EMS取り扱い国・地域は以下でご確認ください。リストに記載のない国・地域への発送については、DHLで対応致します。詳細はクレオテック(本部棟1階中央監視室、もしくは本部棟2階クレオテック窓口)へお問い合わせください。3月9日(金)16:30までに申請があったものについては、学位授与式の終了後に郵便局へ引き渡します。卒業後の学位記郵送については、申請のあった週の翌水曜日に発送致します。余裕を持って申請してください。https://www.post.japanpost.jp/int/ems/country/all.html
Q3-2. 学位授与式を欠席した場合、学位記などは自動的に郵送してくれますか。
A3-2. 郵送には申請が必要です。申請方法はこちらをご覧ください。
Q3-3. 送料を教えてください。
A3-3. A.2-1を発送したときのサイズ・重量は以下のとおりです。
申請書記入の際にご確認ください。
国内:80サイズ  国際:701-800g
ゆうパックの料金は以下でご確認ください。
http://www.post.japanpost.jp/cgi-simulator/youpack.php
EMSの料金は以下でご確認ください。
http://www.apu.ac.jp/academic/uploads/fckeditor/public/graduation/EMS_Rates_J.docx
国外への郵送料の支払方法はこちらをご覧ください。
Q3-4. 追加で証明書を発行する際の手数料はいくらですか?
A3-4. 証明書1通あたり300円です。なお、在籍生は証明書1通あたり200円です。
Q3-5. 申請書提出後に郵送先を変更したいのですが可能ですか?
A3-5. 変更のご連絡をいただいた時期によって対応可能です。但し郵送料の変更が生じる場合などには変更はできません。
Q3-6. 申請後に証明書を追加したいのですが可能ですか?
A3-6. 可能な範囲で対応いたします。但し証明書発行手数料の支払いの関係で煩雑になる可能性があります。また申請時期によっては証明書の発行日数もかかるために、発送日が遅くなる可能性がありますのでご留意ください。なお、証明書を追加で発行した場合には、重量が増えるために、送料が変わります。詳細はアカデミック・オフィスへお尋ねください。
Q3-7. 送料などの支払いを後で行うので、先に学位記などを送ってください。
A3-7. 申請要件等を全て満たしてから発送することになりますので、先にお送りすることはできません。
Q3-8. 申請後、受取方法の変更は可能ですか?
A3-8. 可能な範囲で対応いたします。但し郵送料の変更など、手続きが難しくなる場合には変更はできません。また変更連絡の時期によっては変更ができません。
Q3-9. 学位記郵送を申請して、送料などを支払っているが、卒業合否判定で「否」となった。送料は返却してもらえますか?
A3-9. 学位記郵送申請書に記載のとおり、証紙の提出後は原則返金できません。詳細についてはアカデミック・オフィスへご相談ください。
Q3-10. 学位授与式後に無料分の証明書(成績証明書、卒業証明書:日英1通ずつ)に加えて、追加で証明書を発行して送ってください。学位記郵送の申請はまだ行っていません。
A3-10. 学位授与式後の証明書の追加発行についてはアカデミック・オフィスウェブページ上の「卒業後の学位記受取り方法」または「学位授与式へ出席できない方」に記載されたURL(サーベイ)より申請してください。
Q3-11. 学位授与式に出席できない可能性があり、学位記の郵送申請をしました。予定が変わり、学位授与式に出席できることになりましたが、学位記郵送の申請はどのようになりますか?
A3-11. 申請は自動的に無効になります。郵送料を支払っている場合には、A3.9と同様に原則返金できません。
Q3-12. 卒業・成績証明書と学位記・記念品などを別々の場所へ郵送してください。
A3-12. 証明書や学位記などは一括して1箇所の送り先へお送りします。別々の送り先の指定はできません。

ページトップへ戻る