2011年度カリキュラム適用学生向けのページです

ダブルディグリープログラム

ダブルディグリープログラムとは、APUでの学位に加えて、派遣先大学の学位も得ることができるものです。APUでは現在、セント・エドワーズ大学(米国)、ザルツブルク応用科学大学(オーストリア)、慶熙大学(韓国)とダブルディグリープログラムを展開しています。派遣時期や派遣内容は派遣先大学によって異なりますが、派遣学生は4年間を通じて、APUに対してのみ学費を支払います。単位認定は、各大学の規定に基づき行います。

2018年春派遣慶熙大学とのダブルディグリープログラム追加募集について

2018年春派遣の追加募集を行います。 奮ってご応募ください!

2018年春派遣 募集ガイダンス
参考 2018年春派遣用プログラム募集ガイダンス資料 (2017年6月21日実施) (PDF)
出願期間

2017年8月22日(火)~9月7日(木) 16:30

募集要項

2018年度慶熙大学春派遣追加募集要項 (PDF)

応募資格
  • 回生: アジア太平洋学部に在学する1回生(韓国国籍の学生を除く)。
  • 成績: 通算GPA2.80以上 (出願時は、第1セメスターの成績のみで通算GPAが原則2.80以上であること)
  • 言語運用能力: TOEFL iBT 71点以上、TOEFL PBT (もしくはITP) 530点相当以上、IELTS5.5以上の英語能力
  • その他
  • 留学開始までに必修言語科目が履修予定であることが望ましい。
申請方法

ダブルディグリープログラムの申請には以下の3ステップが必要です。
募集要項および以下の注意事項をよく読み、申請を行ってください。
以下の3ステップを申請締切までに完了していない場合は、書類不備となり選考を行いません。
また、複数回入力を行った場合は、入力日が新しいほうのみを受け付けます。

Step 1 : 以下の2つの書類および、証明写真(データ)を準備
オンライン申請の最後に写真をアップロードする必要があります。
以下の①②の書類はオンライン申請完了後に、アカデミック・オフィスに提出してください。

① 経費支弁書(PDF)
経費支弁者に経費支弁書をダウンロードし、直筆署名をもらってください。その後、郵送で原本を受け取り、学生自身の署名を行ってください。経費支弁書は必ず原本で、経費支弁者および学生の直筆書名が必要です。FAXやPDFでの提出は認めませんが、どうしても申請締切日までに提出できない場合は、ご相談ください。

② 英語のスコアコピー (TOEFL/IELTS)
・コピーの裏側に、氏名および学籍番号を必ず記入してください。
・原本はご自身で保管し、コピーを提出してください。

証明写真(データ)
・正面を向き、帽子、マスク、サングラスなどは着用していない写真データを準備してください。
・過去6ヶ月以内に撮影されたものが望ましいです。
・写真のファイル名は例に従い、「学籍番号_氏名(アルファベット)」としてください。
例) 11111111_RITSUMEIHanako.jpeg

Step 2 : オンライン申請 (Lime Survey / English Only)
オンライン申請は全て英語で回答してください。
・推奨ブラウザー: Firefox
・オンライン申請完了後は“Print your answers”をクリックし、申請内容を印刷し、保管しておいてください。ご自身の申請内容に関して質問がある際は、必ず印刷した申請内容を持参してください。

Step 3 : オンライン申請完了後、以下の書類をアカデミック・オフィスに直接または郵送にて提出してください。
- 経費支弁書 (PDF)
- 英語のスコアコピー(TOEFL/IELTS)

提出締切: 2017年8月22日(火)~9月7日(木) 16:30

アカデミック・オフィス
ダブルディグリープログラム担当
村上、大橋
+81-(0)977-78-1122
outbound@apu.ac.jp


ページトップへ戻る