2011年度カリキュラム適用学生向けのページです

言語科目における出席ルール

2010年度春セメスターより全ての言語科目(英語、日本語、AP言語)において以下の出席に関するルールが適用されます。これに加えて、科目ごとに出席に関するルールを設定しているものもありますので、シラバスを必ず確認してください。

出席

すべての授業に出席をするようにしてください。やむを得ない理由で欠席する場合も、全授業回数(通常授業及び期末試験日を含む)の4分の3以上出席することが必要です。出席回数がこれに満たない場合は、自動的に不合格(F)となります。

欠席

出席をとる際にクラスにいない場合は出席とみなしません。ただし、以下の理由で授業を欠席する場合は、欠席扱いとしません。

  • 法定感染症の場合:大学が指定する書類及び医療機関が発行した診断書の原本をアカデミックオフィスに提出してください。後日、アカデミックオフィスから直接授業担当教員に書類が届きます。
  • 大学が認めた欠席:担当のオフィス(アカデミックオフィス/スチューデントオフィス/キャリアオフィス等)から直接授業担当教員に書類が届きます。学生が書類を教員に提出する必要はありません。


ページトップへ戻る