コロナ禍におけるスチューデント・オフィス 手続等Q&A(更新日:2022年3月7日)

1.学費について

Q1. キャンパスに行けず大学の施設利用ができていません。
学費の減額などはあるのでしょうか?また、大学からの経済支援についてあれば教えてください。
A. 2022年度春セメスターの授業については、対面での授業を予定しています。ただし、日本へ入国ができない学生や基礎疾患等の理由で対面での受講が困難な学生については、引き続きオンライン受講も可能としています。教育の質を維持し、学生の皆さんの健康を第一に考えながら、学びを可能な限り有意義なものとするよう全力で取り組むことが大学としての責務であると考えています。授業の質保証、成績評価、単位認定まで、通常通り行います。
これまでにも、例えば、自然災害に被災した学生の修学支援等の一環として学費減免は実施していますが、授業形態の変更やキャンパス利用状況に応じた学費の減額を行わないことについてのご理解をいただきますよう、お願い申し上げます。
Q2. 2022年度春セメスター学費納付の額・期日・方法を教えてください。
A.
◆ 納付額:学費の納付額は4月中旬より、キャンパスターミナルで確認が可能です。詳細はこちらをご覧ください。
なお、国内学生の方で、2022年春セメスターにJASSO給付型奨学金、国内学生授業料減免の申し込みをした方は、納付額を全額期日までにお支払いください。奨学金が採用になった場合、2022年10月に奨学金分の学費を返金します。
◆ 納付期日:2022年5月31日(日本時間)
期日までに授業料が全額納入されない場合は、本学教務規程第24条にもとづき、学費未納による退学となります。
◆ 納付方法:こちらのウェブサイトをご覧ください。海外から大学へ直接送金することも可能です。
◆ 学費・納付書・納付方法についてのお問い合わせはadgaku@apu.ac.jpへお願いします。
Q3. 分割支払いや延納などの特別措置はありますか?
A. 学費はセメスター分は一括で全額お支払いいただく必要があります。延納はできませんので、納付期日までに全額を納付いただきますようお願いいたします。
Q4. 前セメスターまでの学費について納付済み証明書はもらえますか?
A. 学費納付済み証明書をこちらに記載しているサーベイより申請してください(その他証明書)。

2.奨学金

Q1. 銀行の口座開設はどうすればいいですか?(2020年度・2021年度・2022年度入学で初めてAPUに来る国際学生)
A. 英語基準の国際学生はゆうちょ銀行の口座開設の手続きを大学がお手伝いします。日本へ入国をした直後に各学生のAPUメールへ手続きの案内を送りますので、それを見て必ず手続きをしてください。入国直後にすぐ手続きをした場合でも、口座ができるまでに最短で5週間を要しますので、それまでの生活費を準備して日本に来てください。
なお、国費留学生・JICA等の政府による奨学金採用者、JASSO学習奨励費採用者については、ゆうちょ銀行口座がない場合は受給できませんので、手続きを遅滞なく行ってください。
Q2. 奨学金全般について知りたい。
A. スチューデント・オフィスのホームページ(こちら)をご確認ください。
随時更新されますので、定期的にご確認ください。
Q3. JASSO給付・貸与奨学金(国内学生対象)の申込・手続きについて教えてください。
A. こちらのホームページをご確認のうえ、オリエンテーション期間中(4月8日(金)16:00~)に行われるオンラインガイダンスにご参加ください。
【JASSO学習奨励費】(国際学生対象)
Q4. 在籍確認(サイン)はどうすればいいですか?(在校生)
A. 毎月、大学にてサインをする必要があります。コロナ禍のためキャンパスに入構禁止となった場合は、キャンパスターミナル「あなた宛てのお知らせ」にて、在籍確認の日時や場所をお知らせします。
Q5. 在籍確認(サイン)はどうすればいいですか?(2022年春セメスター新入生)
A. 日本に入国直後、当月末迄に銀行口座開設の申請サーベイを行い、その後、別府に到着後大学でサインをすると、日本に到着した月の在籍確認は完了します(詳細は対象者のAPUメールへ連絡します)。翌月以降は、上記Q4の在校生と同じく、大学に毎月来てサインをする必要があります。
Q6. 私(新入生)はまだ日本に入国していないのですが、JASSO学習奨励費は受給できますか?
A. JASSOの方針により、日本に入国するまではこの奨学金を受け取ることができません。昨年同様、2021年12月中旬までに入国できない場合は、本年度の受給は難しいと考えてください。

3.学籍(休学、復学、退学、再入学)

Q1. 2022年秋セメスターの休学・復学・再入学の申請締切はいつですか?
A. 休学の申請締切は8月5日です。
復学・再入学の締切日については、国際学生が6月末日、国内学生は8月5日です。国際学生は留学ビザの準備があるため申請手続き期限が早く設定されています。
Q2. 2022年秋セメスターに海外渡航やインターンシップで休学する場合、秋セメスターの休学ガイダンスはどうなりますか?
A. 対面でのガイダンスは実施しません。第2クオーターに入ってから休学手続きについての詳細をお知らせしますので、キャンパスターミナルを確認してください。兵役・健康問題・経済的理由・その他の理由により休学を希望する学生は、相談のメールを下記アドレスに送ってください。
apustu1@apu.ac.jp
Q3. 休学・復学・再入学・退学の手続きを教えてください。
A. まずスチューデント・オフィスのホームページや学生生活ハンドブックを参照してください。個別の質問については相談のメールを下記アドレスに送ってください。
apustu1@apu.ac.jp

4.学生証

Q1. 学生証の再発行はどうすればよいですか?
A.日本国内にいる学生は、郵送で受け取ることが可能です。相談のメールを下記アドレスに送ってください。海外への郵送対応は行っていません。
apustu1@apu.ac.jp
Q2. 学生証の有効期限更新はどうすればよいですか?
A.日本国内にいる学生は、郵送で受け取ることが可能です。相談のメールを下記アドレスに送ってください。海外への郵送対応は行っていません。
apustu1@apu.ac.jp
Q3. 学生証の裏面シールをもらいたい場合はどうすればよいですか?
A.日本にいる学生は郵送で受け取ることが可能です。相談のメールを下記アドレスに送ってください。海外への郵送対応は行っておりません。また東京キャンパス、大阪キャンパスでも配布しております。
apustu1@apu.ac.jp

5.証明書

Q1. 在学証明書や成績証明書などが必要なのですがどうすればよいですか?
A. 証明書の発行についての詳細は、スチューデント・オフィスのホームページを参照してください。
● 各種証明書の申請方法はこちら

APUの在校生(通常・留学)の学生は、学外発行サービス(オンラインシステム)で申請し、在学証明書や成績証明書を、日本国内のコンビニエンスストアで発行したり、郵送で受け取ることができます。
● 学外発行サービスはこちら ※APUのIDとパスワードでログインできます。

またはスチューデント・オフィス前とライブラリー、東京キャンパス、大阪キャンパス、立命館大学の自動証明書発行機で発行することができます。証明書自動発行機の稼働時間は各キャンパスで異なりますのでホームーページで確認してください。

学費の証明書など、オンラインシステムでは発行できない証明書は、SURVEYを利用して申請してください。休学中の学生も、SURVEYを利用して申請を行ってください。
● SURVEYはこちら
Q2. 学割証を送ってもらえますか?
A. 原則として学割証は、各キャンパスの証明書自動発行機で発行してください。各キャンパスに来ることができない場合は、スチューデント・オフィスに問い合わせてください。
shoumei@apu.ac.jp

6.課外活動

Q1. クラブ・サークルの情報はどこで閲覧できますか?
クラブ・サークルの情報については、APUオンライン・アクティビティガイドをご覧ください。
Q2. 活動はできますか?
A. 現在、コロナ感染症対策のため、課外活動は停止しています。活動を再開する際は、スチューデント・オフィスのホームページでアナウンスします。なお、オンラインでの活動は事前に許可を得る必要はなく、自由に行えます。ただし、一つの場所に集まらずに、各自の居室などからオンライン参加をしてください。
活動計画のオンライン申請方法・施設利用方法については、下記のページをご確認ください。
https://www.apu.ac.jp/studentsupport/page/content0338.html/
Q3. フィットネスルーム(ジム)などの学生施設は使えますか?
A. コロナ禍のため、学内施設は現在使うことができません。利用を再開する際にはスチューデント・オフィスのホームページでアナウンスをします。
Q4. オンラインでのイベントはありますか?
A. サークルや大学のオンラインイベント等の情報は、スチューデント・オフィスのSNSでも紹介しています。こちらのSNSをご覧ください。
Instagram apu.student
Facebook https://www.facebook.com/APUSelectedProjects
Q5. ホームステイ・地域交流に参加することはできますか?
A. 対面でのホームステイ・地域交流は現在中止しています。オンラインでの交流イベントを実施する際は、キャンパスターミナルにてご案内します。その他、お問い合わせは apukoryu@apu.ac.jp へお願いします。

7.在留資格

Q1. みなし再入国で出国をしています。再入国はできますか?
A. 現在、再入国の許可(みなし再入国許可を含む)をもって出国した在留資格保持者の再入国は認められています。
※ただし、「水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」に該当する場合、在留資格保持者であっても、再入国は不可となります。最新の情報を確認ください。
*APハウスへ戻る予定の場合は、事前にハウスオフィスへ相談してください。(ssc_bo@apu.ac.jp

情報が日々、更新されますので、下記のホームページ等を確認してください。

<参考・関連HP>
外務省ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html
外務省ホームページ「有効な「出国前検査証明」フォーマット」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html

入国の際の手続きと入国後の健康管理について
日本への入国にあたっては、日本政府の水際対策において、空港でのPCR検査の実施や、政府指定施設待機または自宅等における待機、公共交通機関を使用しないことなどが要請されています。
以下のURLを参照し、自分自身で周囲の方の安全・健康が守られるよう留意してください。
※APハウスの居室を待機場所とすることはできませんのでご注意ください。
※自宅であってもルームメイトがいて他者との共有スペースがある場合は、待機場所としてふさわしくありません。ご理解をお願いします。

<参考・関連HP>
厚生労働省ホームページ「水際対策に係る新たな措置について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

法務省ホームページ「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等について」
https://www.moj.go.jp/isa/hisho06_00099.html

官邸「新型コロナウイルス感染症対策本部」
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/taisaku_honbu.html
Q2. 日本を出国して1年が経過しました(みなし再入国の期限が終了しました)。私の在留カードはどうなりますか?
A. 「みなし再入国」の有効期限は、日本を出国してから1年間です。日本出国後、1年以内に日本に再入国しない場合、在留資格が失われることになります。 ※この期限を日本国外で延長することはできません。そのため、在留カードに書かれている在留期限がまだ残っていても、日本を出国して1年が過ぎると再入国ができなくなります。新たにビザを取得する必要があり、COEの手続きをしなくてはなりません。
Q3. 2022年3月、新規入国者に対しても入国制限が緩和されますが、入国に必要な手続きは何ですか?
A. 日本政府より、査証申請や待期期間等の手続詳細が発表されましたら、対象者に対しキャンパスターミナルでご案内します。定期的にキャンパスターミナル「あなた宛の重要なお知らせ」をご確認ください。
Q4. 私は現在、別府にいます。2022年6月に在留期限を迎えます。ビザの更新手続はどうしたらいいですか?
A. 在留期限を迎える学生の皆さんには、3月中旬にキャンパスターミナルでメッセージを送ります。まず、manabaでビザ更新に必要な情報を入力してください。次にZOOMで面談を行います。面談時期などについては、キャンパスターミナルの「あなた宛のメッセージ」でお知らせします。
Q5. 私は、現在日本にいませんが、2022年6月に在留期限を迎える場合は、ビザの更新手続はどうなりますか?
A. ビザの期限更新は日本にいない場合は、手続が完了しません。日本に戻り更新手続を行ってください。日本に戻ってこれない事情がある場合は、スチューデント・オフィス(stuvisa@apu.ac.jp)にご連絡ください。
Q6. COEの手続きはどのように行いますか?
A. COEの手続が必要な場合は、至急、スチューデント・オフィス(stuvisa@apu.ac.jp)にご連絡ください。
Q7. スチューデント・オフィスに行き、資格外活動申請はできますか?
A. 窓口開室時間に申請書類、パスポート、在留カード、在留カードのコピー等の必要書類を提出してください。
詳しくはこちらをご確認ください。
Q8. パスポートに貼られているビザと、在留資格の違いはなんですか?
A. パスポートに貼られているビザ(査証)は、日本に入国し適切な在留資格をもらうための推薦状のようなもので。このビザ(査証)で入国し、在留資格(在留カード)を受け取ったら、在留カードに書かれている期限がみなさんの在留期限となります。ビザは基本的には上陸審査の後には無効になりますので、在留カードを持っている皆さんはパスポートのビザの期限は気にしなくて大丈夫です。

8.APハウス

Q1. APハウスの入寮期限を教えてください。
A. 入学時期により異なります。下記をご確認ください。

2021年秋入学者
学部新入生・2回生編入生:2022年8月31日、3回生編入生:2023年8月31日
大学院 修士課程生:2023年8月31日、博士課程生:2024年8月31日

2022年春入学者
学部新入生・2回生編入生:2023年2月28日、3回生編入生:2024年2月29日
大学院 修士課程生:2024年2月29日、博士課程生:2025年2月28日
※日本政府の入国制限によりAPハウスに入寮できていない学生については、入国制限の緩和後にご案内します。
Q2. APハウスの入寮について教えてください。
2022年春入学者のご入寮手続は下記URLよりご確認ください。
https://www.apu.ac.jp/studentsupport/notice/article/?storyid=233
Q3. APハウスの施設について教えてください。
A. 下記URLよりご確認ください。
APハウス1-2:https://www.apu.ac.jp/studentsupport/page/content0046.html/
APハウス3:https://www.apu.ac.jp/studentsupport/page/content0228.html/
APハウス4:https://www.apu.ac.jp/studentsupport/page/content0310.html/
Q4. 入寮期限1セメスター後より海外交換留学に行く予定にしています。
APハウスの入寮期限を延ばすことはできますか?
A. セメスターに1回APハウス継続入寮者募集をいたしますので、募集要項中の応募資格等をご確認いただき期日までにご応募ください。
通常であれば春セメスターは6月、秋セメスターは11月に募集をいたします。
(状況によりスケジュールが変更となる場合があります。)
募集要項はキャンパスターミナルまたはAPUのEmailアドレス宛、対象者に対しお知らせいたします。
※受入枠に限りがありますので、応募した学生全員が許可されるとは限りません。
※居住APハウス以外のAPハウスにて入寮が許可される可能性があります。
※応募締切後の受付は一切いたしません。
Q5. 現在寮費を滞納しています。どうやっていつまでに払えばいいですか?
A. 寮費未納がある寮生に対してキャンパスターミナルにメッセージをお送りしています。メッセージを確認し、指示に従いお振込みをお願いします。
Q6. 寮費引落口座に残高が用意できていません。どうしたらよいですか?
A. 引き落しができなかった場合はキャンパスターミナルにメッセージをお送りします。メッセージを確認し、指示に従いお振込みをお願いします。
Q7. 退寮後の住居を探しています。APハウス3または4へ入寮できますか?
A. 入寮者募集について、スチューデント・オフィスのホームページにある各APハウスの募集情報をご確認ください。

ページトップへ戻る