C型:企業・団体共創型

C型:企業・団体共創型

「企業・団体共創型」は、企業やNPO、もしくはAPUが、本学の学生と共同プロジェクトを行うものです。
企業やNPO、もしくはAPUのオフィスから、「APUの学生さんと一緒に協働をしたい」と申し出のあったプロジェクトの中から、学生のアイデアを活かし、成長にも繋がるプロジェクトを選び、参加する学生を公募します。
企業・団体と協力して行いますが、学生のみなさんの「やりたい」という意欲に基づくプロジェクトですので、企画の提案や実施運営は自主的に行っていくものです。フィードバックを受けながら研修にも参加し、公開発表も行っていきます。

2021年度募集 「学生の声」プロジェクトProgress report

「学生の声」プロジェクト募集要項(PDF)

1. 活動概要

学生の声プロジェクトとはAPUの学生と大学をつなぎ、学生の声を大学に届けること、よりよい大学づくりに教職員だけではなく学生が参加することを目的として行われます。プロジェクトに参加する学生は、全学生から取得したアンケートを分析し、大学に提出する提言書をまとめます。APUをよりよい大学にするためにみなさんの応募をお待ちしています。
2021年6月9日(水)5限目に第1回ミーティングを行い、その後、隔週でミーティングを行う予定です(夏季休暇中もミーティングを行います)。ただしテスト期間は活動を行いません。オンラインでの活動も可能です。最後まで活動に参加できた学生のみ謝礼30,000円を支給します。

<スケジュール>
プロジェクト始動(6月)
学生の声を集める(6月下旬-7月中旬) ※全学生にアンケート実施
学生の声を仕分け・分析し、大学への提言をまとめる。(8月~9月)
提言をもとに大学の関連部局と懇談会を実施し、論点を整理する(9月)
学生の要望をまとめた提言を全学生に公開し、広く意見を求める(10月)
大学に対して正式に提案書を提出する(11月)
大学との懇談会を実施する(12月)
大学は要望に対する公式なフィードバックを行う(1月)
振り返りと今年度のまとめを行う(2月)

2. 活動の6つメリット

① 学生が授業、学生生活、サポートのしくみなどで20改善をしてほしいことを直接、大学に届けることができる ② 学生どうしが対話をすることで、「不満」を変革のための提案に変えることができる ③ APUの将来を学生とともに考え、つくることができる ④ 調査、分析などの一連の活動を通して、学んだことを活かすことができる。日頃は接しない教職員とともに活動することで、より深くAPUへの帰属意識を感じることができる ⑤ 学生初の提案が実現するプロセスを経験でき、APUをよりよい大学にするために貢献することができる ⑥ 大学(および企業)との協働により、授業では学べない(社会人基礎としての)実践的な経験を積むことができる。

3. 募集人数

国内学生5~8名・国際学生5~8名

4. 応募条件

以下のすべてを満たす学生
・熱意をもって本プロジェクトに取り組むことができる
・上記の「1.活動概要」に責任をもって取り組むことができる
・積極的に日本語と英語でコミュニケーションを取ろうとすることができる

5. 応募スケジュール

Step 1:オンライン募集説明会:2021年5月17日(月)14:20~15:00

URL: https://weareapu.zoom.us/j/98156186958
Meeting ID: 981 5618 6958
※説明会に参加していなくても応募可能

Step 2:オンラインサーベイにて応募

2021年5月13日(木)~27日(木)
以下のウェブサイトより申し込んでください。
URL:https://survey2.apu.ac.jp/limesurvey/index.php/636619?lang=ja

Step 3:書類選考
● 結果は5月31日(月)にキャンパスターミナルの「あなた宛のお知らせ」にて連絡します。

C型のプロジェクトの共通事項
●学生の参加のメリット
  • 企業やNPO,大学と協働することで、社会人からの指導を受けながら、企画を実践することが可能。
  • 学生間の活動だけではできなかった人的ネットワークの構築や広い活動規模で実践ができます。
  • 活動にあたっては、学内での広報と施設・備品の利用、そして、大学発信の積極的な広報や発表の機会提供を受けられます。
  • 大学・企業が行う定期的な研修の参加や助言・指導を受けることが可能。社会人生活で必要となる企画・運営に関わる様々なスキルや、活動を通した自己成長への気づきを得ることができます。

●対象団体
  • 5人以上の本学学生で構成される団体。2か国以上の国籍のメンバーがいること。(企画の内容によっては、変更あり。)
  • 団体は公募をする。
  • クラブ・サークル制度に登録している団体も、登録していないグループも申請が可能。
  • 大学から求められる書類の提出や研修・発表等への参加ができる団体
  • 質の高い取り組み、APUコミュニティー全体に波及効果を図ることができる団体

●協働する企業・団体等について
  • 「学生と協働プロジェクトを行いたい」と本学へ依頼される企業・団体の中から、学生の成長が見込まれる企画を選別する(年間数件を目安)
  • APUのオフィスが学生の意見や力を活かして行いたいプロジェクトも対象とする
  • 原則的に依頼元の企業・団体・オフィスが活動資金を提供する。

●募集・活動について
  • 企業や団体、オフィスからの依頼があり次第、学生の募集・選考を行い、活動開始をする(特定の募集時期はありません)。
  • プロジェクトの時期や期間は各プロジェクトによって違います。
  • 募集が決まり次第、本ホームページ等で、大学が学生団体を募集し、依頼元の企業・団体・オフィスと協力し、選考を行います。
  • 企画の実施は原則的に依頼元の企業や団体と学生団体が直接コミュニケーションをとりながら行います。
  • 学生団体は、企画を行いながら、スチューデント・オフィスによる研修に参加したり、公開プレゼンテーションを含めた報告を適宜行う必要があります。

ページトップへ戻る