立命館アジア太平洋大学

CLOSE

学生生活

グローバル・シティズンシッププログラム

グローバル・シティズンシッププログラムとは?

プログラムの理念

グローバル・シティズンシッププログラムは、APUの基本理念『自由・平和・ヒューマニティ』、『国際相互理解』、『アジア太平洋の未来創造』に則り、APハウスという多様な学生が集う寮環境を存分に活かし、『人生の成功と正常に機能する社会の実現を高いレベルで達成する個人の特性』、すなわち『キー・コンピテンシー』を獲得し、これからのグローバル社会に対応できる人材育成を目標に、2021年春セメスターから開始するプログラムです。

ビジョン・ミッションステートメント

グローバル・シティズンシッププログラムは、多種多様な学生が集うAPハウス環境を最大限に活かし、『Living Learning Program』を中核に据えた、『Residential Education』です。志を持ち個人の人生や社会の発展を思慮し行動できる者を目指す共同体であり、自らの成長と奉仕の心をもって、いずれはAPU、地域社会、世界にインパクトを与えることを目指します。

キー・コンピテンシーと目指す学生像

① Acting Autonomously(自律的に行動することができる)

  • 自ら目標や計画を設定し、これまで獲得した知識や経験を総合的に活用しながら、目標実現や問題解決のための適切な方法を考え、自律的に主体的に行動することができる。
  • 法律や市民生活上のマナーやルールを順守し、規範性や市民性を身につけ社会の一員としての責任を果たすことができる。
  • 自身の健康管理や感染症予防に対する具体的行動を習慣化し、公衆衛生のみならず、幅広くウェルネスを意識した日常生活を確立することができる。
  • 積極的に自分の感情に気づき、自分自身の反応をコントロールすることができる。また、他者の感情に気づき、それに適切に対応することができる。

② Interacting in Heterogeneous Groups(多様な集団における人間関係を構築することができる)

  • 自分の意見をわかりやすく伝えるとともに、相手の意見を十分理解し、円滑にコミュニケーションをとることができる。
  • 与えられた環境・状況下で集団内の自身の役割を認識し、協調性をもって他者と行動できる。
  • 相手の心情や状況に配慮、共感しながら、信頼関係を築くことができる。
  • 文化や価値観の違いを理解し、互いを尊重し、協調しながら共同作業を行うことができる。

③ Acting Introspectively (内省的に行動することができる)

  • 常に自らの行動・思考を振り返ることができる。
  • 自らの行動・思考の振り返りから、自らが目指すもの、次に取るべき行動を明確にすることができる。
  • 反復的に振り返りを行うことで、別の角度からも物事を見て本質を見極めることができる。

プログラムの概要

プログラム期間

プログラム期間はプログラム開始の春セメスターから次の秋セメスターの2セメスターです。なお、寮内ルール違反等で退寮となった場合は、プログラム継続は不可となります。

<在寮期間>

春セメスター開始後の募集・選考のため、前年度秋入学の学生は在寮期間を半年延長し、プログラム修了までの約1.5年間を在寮期間とします。新入生に関しては、通常どおり入学から1年間を在寮期間とします。

プログラム参加補助

プログラム参加学生は、得た経験や知見を寮生全般(他者)へ広く還元する役割を担うものとします。したがって寮費がプログラム継続の妨げにならないよう住居費の半額を減免します。なお、プログラム途中で、懲戒処分を受けた場合やプログラム参加学生として適当でないと判断される行為を行った場合などにおける除籍、病気など何らかのやむを得ない事情などにおける脱退となった場合には、住居費半額減免の補助は適用外となります。

寮費内訳 通常 プログラム生
住居費 39,000 19,500
共益費 3,000 3,000
寝具レンタル料 2,000 2,000
水道光熱費 5,000 5,000
49,000 29,500

(単位:円)

プログラム体系

プログラム参加学生は、APハウスという濃密な多文化環境で過ごす期間において、通常の学生と同様に寮内諸活動(キッチンデューティー、市民生活講座、フロアイベント等)における『Living Learning』を中核に、さらに様々な異文化交流・異文化理解の経験を蓄積し、多文化環境コミュニティーにおける多様性の理解、人との協調、組織マネジメント、自己成長力などを身に付ける機会を得ることができます。

グローバル・シティズンシッププログラムは以下、3つの学びから構成されます。
3つの学び 概要
Theoretical Learning
理論や知識の学習
キー・コンピテンシーである自律性、主体性、協調性、共感性、コミュニケーション力等を、ワークショップを含めた体験型講座で理論的に学習する機会。学んだ理論や知識をワークショップでより深く理解し、実践につなげていく。
  • 通常講義は月2~3回程度の予定。
  • 特別講義に関しては、通常の授業日ではなく、3時間×3回にてクォーターブレイクや長期休暇期間中に行われる可能性あり。
Empirical Learning
経験学習
学外(例:農業体験・限界集落でのボランティア・企業訪問)での経験学習や、学内でのイベント・プログラム立案・実行等による経験学習。これらの機会から目標・目的の設定と、自己を評価し自ら省みる思考と行動を習慣化させる。
  • 学外での体験は、長期休暇中やクォーターブレイク等に行う予定。
  • 学内でのプログラム立案・実行は夏期休暇~秋セメスターに行う予定。
Inspirational Learning
ロールモデルからの学び
卒業生(学部・大学院含む)や国際機関、非営利組織所属、起業家等様々な分野から講師を招聘し、大学での学びや活動における姿勢、将来のキャリアについてロールモデルから学び、自らの目標を定め能動的に活動していく。
  • セメスターに2~3回を予定。
アセスメントについて

自らの思考・行動・言動を俯瞰的に振り返り、自己成長につなげます。この内省を習慣化することで、常に次へのステップを考え、行動に移すことができるようになることを目指します。

アセスメント方法 概要
Self-Evaluation プログラム開始時、中間期、終了時にコンピテンシーをベースに自己評価を行い、評価以降の取り組み改善を図るとともに、自己成長の度合いを自己で把握し、内省力を向上させる。
Peer-Review プログラム参加学生同士の相互評価を中間期、終了時に実施する。相互評価を行うことで、より俯瞰的な視点を取り入れ、お互いの成長を促す。

募集・応募について

募集対象者と求める学生
募集対象者と募集人数

募集対象者は新入生と秋学期に入学し春セメスターに2セメスター目となる学生です。
募集人数: 国際学生 8人   国内学生 8人

※但し、応募者の人数や国籍等を考慮するため、合格者や国内学生・国際学生の人数は変動する可能性があります。

求める学生
  1. 将来、国際社会で活躍できる人材になることを目指し、自らの成長と他者への貢献のため自発的に行動することができる学生を求めます。
  2. プログラムのビジョン・ミッションステートメントおよびキー・コンピテンシーと目指す学生像を理解している学生を求めます。
  3. 1年間のプログラムではありますが、各種活動に積極的に取組み、プログラムにコミットすることができる学生を求めます。
  4. プログラム修了後も定期的に活動報告や進路状況等を報告していただける学生を求めます。
  5. 日本語が第一言語でない学生:
    日本語学習に支障が無い者
    日本語が第一言語の学生:
    英語力に関し以下の基準を満たした者
    -TOEFL(PBT)490点(TOEIC 550点/英検2級)相当*の客観的な証明ができる者
    *TOEFL iBTなどの換算可能な試験のスコアでも可

※プログラムは基本英語を使用して行われますが、これまで英語を使ってディスカッション等をした経験が少なくても、臆せず、積極的にディスカッションに参加する姿勢を持った学生の応募を期待しています。

選考方法

第一次選考:書類選考
第二次選考:面接試験(対面ないしZoom)

応募方法と受付期間
応募方法

以下の『Global Citizenship Program 1次選考申請書』に必要事項を記入し、応募書類提出先メールアドレスにMS Wordファイルにて提出してください。
※Word以外のフォーマットは受付けません。
※申請書は1セメ生用と2セメ生用2つあります。間違いのないように提出してください。

(1セメ生用) Global Citizenship Program 1次選考申請書
(2セメ生用) Global Citizenship Program 1次選考申請書

応募受付期間

2021年3月22日(月)~2021年5月10日(月)09:00(日本時間)
※国際学生の入国状況を鑑み、募集受付期間を延長いたします。

応募書類提出先

立命館アジア太平洋大学
スチューデント・オフィス
GCP事務局
メールアドレス:stugcp@apu.ac.jp

PAGETOP