先輩の声

福澤美宇(APS)

アゼルバイジャン共和国 アゼルバイジャン外交大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

アゼルバイジャンへの交換留学は毎日が新鮮で、初めての食文化や習慣、言語に触れることができました。特に、アゼルバイジャン人はお茶とダンスが大好きだったことが印象に残っています。お茶を飲みながらの交流や、アゼルバイジャンの伝統的な音楽に合わせて皆で踊った経験は忘れることができない素敵な思い出です。また、現地の公用語はアゼルバイジャン語のため、大学以外の人とは会話をすることが難しかったです。それでもGoogle翻訳とカタコトのアゼルバイジャン語を使って互いを理解し合おうとした経験は、英語圏ではないアゼルバイジャンでしかできない特別な経験だと感じました。
しかし、綺麗な思い出ばかりではありませんでした。アゼルバイジャンはアルメニアとの紛争なども進行していたため、国際関係に関して日本人の私とは全く異なる意見を持っている友人もいました。また現地の女子大学生は親が厳しいため、夜間に遊ぶことを制限されているなど、理解することが難しい文化も沢山ありました。全く異なる価値観を持つ相手を理解する姿勢を身につけ信頼を築いた経験は、アゼルバイジャンでの留学だからこそできた経験であり、私の力になっています。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

他とは異なる面白い交換留学生活を送って欲しいです。確かにアメリカやヨーロッパは教育の質も高く、安全に暮らすことのできる魅力的な留学先です。ですが選択肢を絞る前に、皆さんの知らない国にも無限の可能性やワクワクが広がっているということを覚えていて欲しいです。APUでの交換留学でしか経験することのできない、面白くて刺激的な留学生活を送って欲しいと思います。

(左)福澤さん

TSERING Palzom(APS)

韓国 漢陽大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

私が韓国を選んだ主な理由の一つは「韓国の物価が安い」ということでした。交換留学をしたい場合、ヨーロッパやアメリカは生活費が高すぎるのではないかと心配する学生もいると思います。韓国では日本と同程度もしくは少し安いの生活費で暮らすことができるので、その点では良いかもしれません。漢陽大学は韓国トップの大学の一つであり、学生たちは非常に知的で、勉強をもっと頑張ろうというやる気を起こさせてくれます。さらに、科目は多様性に富んでおり、興味深く、勉強のしがいがあります。地下鉄駅が大学直通のため、交通もとても便利ですし、キャンパス外の寮や賃貸物件も近くにたくさんあります。キャンパス内はかなり坂道が多いですが、良い運動になると思いました。何よりも漢陽大学は留学生のサポートが手厚く、健康診断から携帯の契約まで様々なサポートをしてくれたので、私は交換留学期間中にほとんど苦労をしませんでした。また、ヘルプデスクの方々もいつでもすぐに対応してくださり、漢陽大学における私の交換留学生活は快適なものでした。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

交換留学中の生活を最大限に楽しむための秘訣は、派遣先の国を受け入れる心の準備をするということです。派遣先大学で出会った多くの留学生とは異なり、私は交換留学生のいない学生クラブに参加し、クラブのみんなと韓国語でコミュニケーションを取りました。そのクラブに所属する学生たちはみんな非常に優秀で、英語も上手でしたが、どんどん韓国語を話すようにと私を励ましてくれたのでとても助かりました。人見知りで韓国人の友人を作る自信がない方もいると思いますが、漢陽大学には多くの留学生がいるので、世界中の人々と繋がることができます。(新入生の歓迎会を見逃さないように!)また、私は事前に単位を計算し、留学出発前に、APU卒業に必要な単位数を取得しました。そのおかけで、交換留学期間中にあまり多くの単位を取得する必要はなかったので、時間に余裕を持って活動し、韓国の国と人々について楽しみながら学ぶことが出来ました。

BIAN Wenjing(APM)

シンガポール シンガポール・マネジメント大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

私がシンガポールへの交換留学を決めたのは、新たなキャンパスライフを体験してみたいということ、また、デジタルアプリケーションが金融問題にどのように応用できるのかを学びたいと思ったためです。シンガポールで経験した4か月の交換留学は、私の大学生活の中で最も忘れられない経験の一つだと言えます。数ヶ月の間、友達と一緒にシンガポールの多くの観光地や周りの国々を訪れました。そこで、異なる文化的背景を持ち、異なる宗教を信仰する人々が共に平和に暮らしているシンガポールの多様性を体験しました。また、授業内外で外国人に対して大変友好的な現地の友人を作ることができました。派遣先大学によって提供される多様なキャリアフォーラムとビジネスパーティに参加することを通じて、大学卒業直後の目標が出来ました。シンガポール・マネジメント大学(SMU)は2000年に創立された活気がある新しいビジネススクールです。著しい成長を遂げるとともに世界での認知もますます高まっています。SMUの学生たちは非常に知的で、彼ら自身の考えを積極的に周りに共有してくれます。また、課外活動においても大変活動的で、起業する学生もいれば、パートタイムインターンシップに参加する学生たちもいます。このような環境の中で、私は学修を熱心に継続するようになりました。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

交換留学を通じ、知識が増えるだけでなく、新しい環境を生み出し、新しい友達と出会うことができます。大学生活は短いですが、有意義で忘れられない経験のために、この時間をどのように利用するかは私たち次第です。自分の過ごし慣れた場所から一歩を踏み出し、一緒に新しい世界を知りましょう!

LEE Sangji(APM)

中国(香港) 香港城市大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

交換留学での経験を通して、「世界は広くその空は高い」と気付き、私は大きく成長し、挑戦することが出来たと自信を持って言えます。私は香港城市大学へ1年間留学しました。その間に、たくさんの思い出深い体験をし、それと同時に、さまざまな視点を持った人々と会って自分の将来について時間を取って考えることが出来ました。交換留学に参加する特別な理由が無いと考える人もいると思いますので、海外で学修することの有利な点をお伝えします。それは、自分がしたいとことに集中出来るということです。ただ単に友人と出掛けることだけではなく、新しい環境の中で新たに興味を持ったことに時間を費やすことが出来るということです。正規生のように学修に負荷を感じることなく、自由に活動出来るということです。私は、旅行、金融についての勉強、そして新しい文化を体験することの3つに絞りました。1年間の間、5カ国に旅行し、正規生のようにA+を目標として勉強に励み、ボランティア等の香港だけでしか参加できない思い出深い活動4つに参加しました。皆さんも新しい環境で挑戦してみてほしいです。交換留学プログラムに申請できるのは大学生の時だけです!

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

自分自身を変えたいという強い気持ちはありますか?これまでに一度でも自分自身を試したいと考えたことはありますか?もしあるなら、交換留学に参加して、APUの外の世界を見てみませんか?留学後は新たな視点を見つけられるかもしれません。今は信じられないかもしれませんが、これが本当かどうかぜひ自分で試して確認してみてください!

(右から2番目)LEEさん

岡川 春乃(APS)

モロッコ王国 ラバト国際大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

初めて食べる味、見たこともない建物、耳慣れないことば。APUからモロッコへの初めての交換留学生だったからこそ、たくさんの初めてを経験することができました。特に、現地の日本語学習者を対象とした日本語教師のボランティア活動では、出会いや発見を通して多くのことを学びました。私は、学生と日本語話者が文通を介してお互いの文化やことばを学ぶことを目的とするクラブを企画・運営していました。文通をするにあたり、必要となる文法事項や文化に関する背景知識など、万全の準備を整えてクラブに臨んでいても、予想外の視点から質問が飛んでくる、文化圏の違いにより生まれる疑問を投げかけられるなど、常に考えさせられることばかりでした。日本語話者の方々の募集に関しても、友人の友人、そのまた友人と、世界中に住むたくさんの方が文通をしたい!と募ってくださったおかげで、モロッコを少しだけ近くに感じてもらえるきっかけを作ることができたと考えています。ボランティア活動を通し、現地の日本語学習者だけでなく、世界中に住む日本語話者の方々とも交流を深められたことは、わたしの人生の中でも有数の宝物だと感じています。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

あなたはいま、どんな留学生活を夢に描いていますか?留学先には、その想像をはるかに超える景色が広がっていることでしょう。笑って、泣いて、悩んで、楽しむ。そんな日々を生きることで、あなたはもっと大きく成長できるはずです。あなたが一番輝くことができる留学先で、夢を、わくわくを、経験に変えてみませんか?

ADINDA Widya Rani(APS)

オーストラリア ラトローブ大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

オーストラリアは非常に開放的で正直な社会です。オーストラリア人は率直で楽しい性格の人が多いので、パーティーが好きな方にはぴったりです。オーストラリア人はバーベキューやお酒を飲むことも好きです。例えば、週末に「Bunnings」というホームセンターに行けば、ホットドッグなどの軽食を無料で貰うことが出来ます!また、オーストラリアは多くの文化を受容しているので、自分の家にいる感覚になるはずです。日本人でも、タイ人でも、インドネシア人でも、ホームシックを軽減してくれるものを見つけられると思います。また、オーストラリア人は野生動物を愛しています。メルボルンにはそんなに多くの野生動物はいませんが、フィリップ島に行けば、たくさんの素敵な動物に会うことが出来ます。
オーストラリアの教育制度は日本とは違って、講義と個人指導の2種類の授業があります。講義は通常大きい講堂にて録画形式で行われ、個人指導・ワークショップは授業をより理解するためのサポートとして小さい教室で行われます。個人指導・ワークショップは小さい教室でクラスメイトやチューターの方を良く知ることが出来るので、学修しやすくなります。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

交換留学にいきましょう!文化の違いを怖がらないでください。すぐに慣れて適応できるでしょう。一生に一度の経験を得ることが出来るはずです。交換留学に参加することは広い世界を知るとても良い方法です。

金田 誠賢(APS)

オーストラリア ラトローブ大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

オーストラリアだからこそできた経験は、豊かな自然と触れられたことです。派遣先大学の友人達とメルボルンからシドニーにかけてロードトリップをしましたが、そこで見た景色は忘れられません。都会的でありながら、自然の良さを随所に残しているオーストラリアのような国は世界を見渡しても多くないと思います。
また、派遣先大学だからこそできた経験は、様々な国籍の人と英語だけで生活を共にできたことです。同大学はAPUと同様、多くの留学生を迎え入れています。APUでは日英両言語での生活なので、ついつい日本語を使ってしまい、英語力のみを向上させることが難しかったのですが、派遣先大学では、日本人が少なかったので、日本語を使用することができず、英語で他の学生とコミュニケーションをとっていくほかありませんでした。日本語ではなく、英語で多文化コミュニケーションを取りたかった私には貴重な経験となりました。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

大学生の今しか余裕をもって留学を楽しむことはできません。また、大学生の間に行く留学だからこそ感じることもあります。大学生という短い時間を充実したものにしたいなら、留学をして損はないと思います!自分が住み慣れた故郷を離れ、生活するからこそ、自分と向き合う時間が多くなり、自分について深く知ることができます。皆さんも、自分探しの旅に出てみませんか?

(前から3番目)金田さん

HOANG Vu Thien Phuoc(APM)

カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

興味を持っている芸術や文化について幅広く、そして深く学ぶことが出来たため、カナダのバンクーバーでの時間は大変楽しいものでした。毎週金曜日にはバスで市街地にあるブリティッシュ・コロンビア大学の学習センターにボランティアに行きました。そこでは、芸術や工芸のワークショップで現地の方々のサポートをしました。ワークショップでは年賀状やビジョンボード、ミツロウやライスドラムなどを作成しました。これらのワークショップを通して、私は多国籍で複雑な背景を持った多様な人々―学生、お年寄り、移民、退役軍人、有色人種、先住民、ホームレスの方々と出会いました。会話の内容は毎回異なり、ある時は彼らの身の上話をし、またある時は、バンクーバーの地域社会や学習センターがある市街地東部について話しました。数週間もすると、職員や参加者の名前を覚え始め、彼らも私を認識してくれるようになりました。1セメスターの終わりには、近隣地域の再建問題についてみんなで議論したことを人形劇にしました。劇の台本を書いたり人形を作成したりするだけでなく、領土問題やそこで暮らす人々のことを学ぶことができました。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

交換留学に参加するだけで、必ずそこに学びが生まれます。パーティーや旅行、勉強、それ以外にも興味があることを学ぶことができるでしょう。私は様々な活動に参加することで、視野を広げ、自分がどのような人間でどうなりたいかをより理解することが出来ました。留学中に新しい挑戦や驚きがあると思いますが、慣れた環境から一歩踏み出せば、必ず素晴らしい何かを達成できるはずです。

SHELVY Chandra(APS)

カナダ ウォータールー大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

私は、カナダで暮らすことを想像したことがありませんでしたが、ウォータールーは交換留学には最適で素敵な場所です。交換留学中は主に、実生活に焦点をあてた授業を履修し、余暇と保養についての知識を深めることに費やしました。カナダは観光学の野外レクリエーションの分野で有名なのです。私は高齢者向けのセミナーを開催しました。そこで観光学を学ぶ学生のどのような視点をみなさんが必要としているかを学ぶことが出来たことは、大変思い出深いです。他にも、カナダの魅惑的な場所―モントリオール、トロント、ケベック、バンフを周遊し、キューバにも渡りました。現地の方々は大変友好的でちょっとした会話を楽しむことができ、彼らとの交流を通して、文化や先住民族、そして歴史について学ぶ素晴らしい経験を得られました。また、カナダ名物の食べ物では、ケベックで挑戦してみたうさぎ肉の他に、プーティンが私のお気に入りのひとつです。それだけではなく、このプログラムに参加することで、世界各地から来ている交換留学生と知り合い、自分自身の交友関係が広がりました。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

勇気をもって行動し、自分の繋がり広げてるために動いてほしいです。同じ時期に留学している人々と繋がりを持ち、時間を有効活用し、留学の醍醐味である現地での生活と大学での学びを上手く両立させるということです。出発前に派遣先大学とその環境について調べ、気持ちの上での準備もしておきましょう。

(右から2番目)SHELVYさん

山本 怜生(APM)

米国 ジョージア工科大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

アメリカでは感謝祭と呼ばれる行事が11月にあります。家族や親戚と集まってお互いを感謝し、七面鳥を食べる日です。私はどうしてもこの行事を体験してみたかったため、友人にお願いして、友人の実家にお邪魔させてもらいました。そこで友人の家族や親戚総勢20人と一緒に大きな七面鳥をお腹いっぱい食べるという貴重な経験をしました。その日は学生がほぼ全員実家に帰り、街のスーパーやお店もほとんどが休みだったため、大学や街は閑散としていたと後から寮に残った留学生に聞き、自ら行動して良かったと思いました。貴重な経験をさせてくれた友人の家族にも感謝しています。
私は工科系大学の環境を活かそうと、経営学部の授業だけでなく、コンピューターサイエンス学部の授業にも挑戦しました。プログラミングの授業を履修し、PythonとJavaの基礎的な知識を身につけることができました。また、ジョージア工科大学のバスケットボールやアメリカンフットボールの試合を学生スタンドから応援できたことは貴重な経験でした。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

最初の数ヶ月は新しい環境に適応するのに苦労するかも知れません。いくつもの壁にぶつかったとしても、その壁を乗り越えることで、忍耐力がつき、自分に自信がつきます。そして、徐々に留学生活も楽しくなってくるでしょう。なので、途中で諦めずに最後までやり切りましょう。あと常に自ら行動しましょう!留学の時間は限られていますし、途中で帰国しなければいけない状況になるかも知れません。実際に私はコロナの影響で早期帰国しました。そのため、悔いが残らないような行動をしてください。交換留学楽しんでくださいね!

LAM Lik(APM)

クロアチア ザグレブ経済経営大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

ザグレブは90%以上がヨーロッパ人という、慣れ親しんだ環境から出るには素晴らしい場所でした。唯一のアジア人だったため、日本でアジア人として生活する中ではほとんどの人が経験することがないであろう壁を経験しました。どのような状況であっても、前向きに、挑戦し続けることを学びました。また、物事を多角的に捉える力が身に付き、自分のいる場所に感謝できるようになりました。
ザグレブでは低価格で様々なヨーロッパの食事をすることが出来ます。最高の食事が低価格で食べられるため、食費の心配をする必要はありません。「Noturno」という店では、ピザやリゾットが600円程度で食べられるので、行ってみることをお勧めします。
ヨーロッパで人気のクリスマスマーケットもザグレブにあります。市内全体がライトアップされ、クリスマスの雰囲気でいっぱいになります。さらに、世界初の「二日酔いミュージアム」と「別れの博物館」があります。毎年1回、ザグレブの博物館と展示室は無料で開放されます。プリトヴィツェ湖群国立公園でも、素晴らしく特別な経験をすることが出来ます。ドゥブロブニクという古い町ではジブリやゲーム・オブ・スローンズのような世界を体験出来るのでぜひ散策してみてください。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

交換留学を活用すれば、海外へ行き、授業を取り、旅行をすることが出来ます。。追加の授業料も不要です。自分自身が快適に過ごすことの出来る場所から出るためには、時には少しの努力が必要です。後悔しないためにその一歩を踏み出しましょう。

藤田 佳浩(APM)

フランス ネオマ・ビジネス・スクール
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

フランスへの留学経験は今でも私にとって一番の思い出です。多くの素晴らしい方々に出会いましたし、訪れたことのない場所を訪れました。ネオマビジネススクールには多くの国際学生がいますが、主となるのはヨーロッパとアジア地域からの学生です。学生は授業でも課外活動でも活動的であることが奨励されます。もしあなたがこの大学に派遣されたら、他の学生が開くパーティーに参加してみてください。私も当初は非常に緊張しましたが、新しい友人と知り合ったり彼らの家で夕食をともにしたりする、またとないチャンスです!ネオマビジネススクールでの生活はAPUでの生活に少し似ていると感じるかもしれません。
休日にはいつもTGV(電車)に乗って、パリなどの大学周辺の場所へ出掛けました。また、大学があるルーエンの近くにあるオンフルールという古い港町にも行きました。大変美しい小さな町で、ヨーロッパの町の様子を感じ取ることが出来ました。この町では、おいしい牡蠣や海老を味わったり、ボートで海を周遊したりしました。
APUに戻る前には、20日間の旅行に行きました。パリから始まり、ドイツ、スイス、イタリア(ヴェネチア、ローマ)、スペイン(バルセロナ、マドリッド)、イギリスを訪れました。Airbnbを利用すれば、地元の方の家に泊まることが出来ます。2匹のかわいい犬のいる家に泊まったのはいい思い出です!

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

交換留学は想定していなかった経験が出来る有益なプログラムです。参加する場合は、行きたい国や大学を調べて、どのような経験をしたいかリストアップしておくべきです。実際に現地に行くまでは沢山の心配事があると思いますが、自分を励ましながら順を追っていけば大丈夫です。時間がある限り、この機会を活用すべきです。海外での経験を楽しんでください!

(写真右)藤田さん

濱口 にな(APM)

スイス チューリッヒ応用科学大学
自分の派遣先国・大学だからこそ出来た経験

交換留学中は、スイス特有の、様々な人々が混在する文化を感じることができました。スイスは4言語が共用語とされており、決して広くはない国内でも、言語や文化、風習やルールが異なり、国内旅行は新たな発見の連続でした。
また、国内旅行だけではなく、スイスがヨーロッパの中心に位置しているので、休みの日は国外に旅行に行きやすく、おかげでヨーロッパ10か国以上を訪れることができました。
大学は、インターナショナルオフィスのサポートが手厚く安心して滞在できました。
授業や周りの学生のレベルが高いため、とても学びの多い留学生活となりました。授業は、講義と演習が別に組まれていて、専門科目も少人数で授業を受ける機会がありましたし、実践的な内容を網羅した授業内容はとても面白かったです。また、就業経験のある学生や、同じく交換留学生としてほかの国から来た学生など、背景の異なる仲間と触れ合う中で、自分自身を見つめなおす機会にもなりました。

これから海外交換留学に参加する学生へひとこと

きっと最高の仲間に出会えますし、自分次第で最高の経験にできるはずです。辛いときもあると思いますが、乗り越えたときはひとまわりもふたまわりも成長できて、楽しいと思います。大学の1/4ないしは1/8という貴重な時間を、留学に使ってよかったと思えるように、全力で楽しんでください!

ページトップへ戻る