2017年度カリキュラム適用学生向けのページです

情報システムポリシー

APUの情報システムやネットワークを利用する際、皆さんは、大学のポリシーや国内外の法律に沿った一定の責任と義務が課されます。利用に際しては、常に倫理観や学問に対する誠実さを持ち、大学の大切な共有財産を利用しているという意識を忘れないで下さい。そして、知的財産や個人の所有権を尊重し、システムのセキュリティや個人のプライバシーにも十分配慮するように心がけて下さい。

APUの情報システムやネットワーク利用に関して守っていただくルールは、以下に記載されています。利用される前に必ず目を通してください。なお、もし皆さんが、APUネットワークの不正使用や不適切な利用を発見した場合、情報システム事務室に報告して下さい。

学校法人立命館規定

  • 学校法人立命館情報システム利用規程
  • 学校法人 立命館情報システム の利用および運用管理 に関わる 基本規程
  • 情報システム利用規程で禁止されている行為の例
  1. 犯罪にあたる行為及び公序良俗に反する行為
  2. 他人のプライバシーを侵害する行為
  3. 他人の情報を破壊または盗用する行為及び著作権または知的財産権を侵害する行為
  4. 営業その他利得を目的とする行為
  5. 学校法人立命館の名誉を傷つけ、また大学の品位を害する行為
  6. システム及びこれに接続する他のネットワークの正常な維持及び運用を妨げる行為
  7. その他、情報システムの目的に照らし不適当な行為

情報倫理ガイドライン

本学では、『情報倫理ガイドライン』を策定し、大学の内外において普及されている様々な情報サービスを利用するに当たり、利用者が被害者・加害者とならないよう遵守すべき基本的項目を指針として定めています。
情報サービスを利用する際には、情報倫理ガイドラインに定められている項目を遵守し、立命館大学に所属する学生として、自覚と自律のもとに行動してください。

  • 情報倫理ガイドライン

各種ポリシーと利用ガイド

  • ネットワークセキュリティとプライバシー
  • 電子メール利用時
  • Webページ公開時
  • 個人のホームページ
  • パスワード管理

ページトップへ戻る