作曲家 春畑セロリ氏によるピアノコンサート「音楽は、サンゴ礁」実施

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2020年4月に開学20周年を迎えるAPUが、大分県や別府市など地元の方々、APUの学生に感謝の気持ちを伝えるため、7月2日(火)および3日(水)の二日間、作曲家の春畑セロリ氏をお招きし、APUのミレニアムホールで「開学20周年記念ピアノコンサート」を開催しました。

コンサートは、音楽がどんなものなのか、音楽が社会に出来ることを考えながら参加して欲しい、音楽というものを捉えるという経験をしてもらいたいという春畑氏の思いから、観客参加型で構成されました。春畑氏が弾いた曲で「どんなものをイメージしましたか?」「思い浮かんだ言葉は何ですか?」と観客に質問し、答えてもらったり、同じ曲のアレンジが違うものを数点弾き、好みのアレンジは何番目の曲か挙手してもらい、心理ゲーム的な企画も行なわれました。その後、絵本「ゼツメツキグシュノオト」とコラボレーションして春畑氏が作曲した曲を数曲披露されました。

参加者らはピアノの音色にそっと耳を傾けて、やんわりと楽しいひとときを過ごしながら、音楽とは何か、これを社会に伝えていくためにどのようなツールとして役立てたら良いのかを考える機会となりました。

PAGE TOP