立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

ラオス外務省大臣補佐官が来学

2008/1/9

12月9日(日)、ラオス外務省のアルンケオ・キティクーン大臣補佐官がAPUに来学され、クーパー副学長・山神APS学部長への表敬とラオス出身学生との懇談を行いました。


クーパー副学長・山神APS学部長との懇談では、現在APUの大学院で7名の外務省の人材育成支援無償事業によるJDS*学生が学んでいること、彼らはいずれも勤勉で、様々な場で活躍していることや、また今後互いに協力して行えるプログラムなどの可能性を追求していくこと等について意見を交わされました。

続いて、キティクーン大臣補佐官は、ラオス出身の学生と懇談し、彼らのAPUでの学修や大学生活の状況などを中心にした話題で活発な質疑応答の時間を楽しまれました。キティクーン大臣補佐官は2007年初めまで国連代表部大使を14年間務め、国連をはじめとする国際機関で幅広い人脈を培っています。

現在、APUでは7名のラオス出身学生が大学院で学んでいます(いずれもJDS*学生)
大臣補佐官と直接会って意見を交わす機会を得た学生にとっても、この懇談はとても貴重な体験となりました。

*JDS(Japanese Grant-aid for Human Resource Development Scholarship)とは、人材育成支援無償事業を指します。





  • LINEで送る

PAGETOP