立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

MUSY TONEがうすき竹宵で歌のパフォーマンスを披露

学生生活

2010/12/8

2010年11月6日(土)、7日(日)、APUコーラスサークル「MUSY TONE」のメンバー19名が、臼杵市内で開催された「第14回うすき竹宵」に参加し、世界各国の歌やトーンチャイム、ギター、ウクレレ、オカリナなどの演奏を披露しました。

MUSY TONEの「うすき竹宵」への参加は一昨年、昨年に続く3回目で、今回はベトナム、ノルウェー、ミャンマー、ブルネイ、日本出身のメンバーが、2日間で計4回のパフォーマンスを行いました。

オープニングには来場者へ感謝の気持ちをこめて、MUSY TONEの定番の曲となった6ヶ国語で数を数える「数え歌」のほか、国際色豊かなMUSY TONEらしく、中国語やベトナム語、韓国語、英語など各国の歌をその国の言語で披露しました。またピアノ伴奏にAPU交響楽団メンバーを、またギターやカホン(パーカッション)にAPU学生バンド「貝がらばんど」のメンバーを迎え、コーラスの枠を超えたコンサートとなりました。最後に、様々な国籍を持ち、国境を越えて日本で出逢ったMUSY TONEのメンバーが「ふるさと」を歌うと、一緒に口ずさむ来場者や感動し涙ぐむ観客の姿も見られました。

イベントに参加した佐々木あずみさん(APS4、日本)は、「寒い中、私たちの歌に耳を傾けてくださった方、一緒に口ずさんで下さった方、お手紙を下さった方、そしてコンサートのサポートをしてくださった臼杵の皆さんなど、たくさんの地域の方の温かさを実感しました。これからも感謝の気持ちを忘れずに地域の方とのつながりを大切に活動を続けていきたいと思います。」と振り返りました。

2006年に設立したMUSY TONEは学内だけでなく地域そして世界に共生のハーモニーを届けたいという思いをもって活動しています。これまでにも別府市内の病院で定期的にコンサートを行うなど、学内外のイベントに積極的に参加しパフォーマンスを行っています。
メンバーも随時募集しています。

メンバー募集、練習、パフォーマンスなどに関する詳しい情報は musy_tone@yahoogroups.jp までご連絡ください。
Blogも随時更新中です:  http://musy-tone.jugem.jp/

* うすき竹宵:
竹の産地として有名な臼杵市で毎年開催される、約2万本の竹ぼんぼりやオブジェが輝く祭り。期間中は、街中に並べられたぼんぼりやオブジェが宵闇を照らし、幻想的な雰囲気を醸し出しています。



  • LINEで送る

PAGETOP