立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

韓国、ベトナムの高校教員がAPUを訪問

来学者

2009/4/6

2009年4月1日と2日、韓国とベトナムを代表する計9校の高校校長や教員13名がAPUを訪れ、カセム学長との懇談やキャンパス見学をしました。今回APUを訪れた一行は、ベトナムからはハノイアムステルダム高校、チューバンアン高校、チューエング高校、チャンロン高校、ベトドク高校、キムリエン高校、イエンホア高校の7校、韓国からは安養外国語高校と金浦外国語高校の2校で、それぞれ国のトップクラスの高校の先生です。

これらの高校からは、アメリカのアイビーリーグを含む海外の優秀な大学に毎年多数の生徒が奨学金を得て進学しています。新設の金浦外国語高校を除く8校の卒業生もAPUで学んでいます。

1日には、ベトナムの校長ら10名が、枯葉剤の被害について研究し、2008年にトヨタ財団から大学・学部生として初めて助成を受けたAPU学生同好会チャイダットのメンバーと交流しました。また、翌2日は全教員でAPUの入学式を見学しました。

訪問したハノイアムステルダム高校の副校長は、「生徒の日本での学びの意識は高く、日本へ留学する際はAPUへという認識を持っています」とAPUへの期待を寄せました。



  • LINEで送る

PAGETOP