2011年度カリキュラム適用学生向けのページです

異文化学習オンライン授業開発プログラム

~SENDオンライン代替プログラム~

異文化学習オンライン授業開発プログラムとは?

本プログラムは、在学生の受講生が、2021年9月APUに入学予定の国際学生に対して事前学習プログラムを行うものです。本オンラインプログラムは海外インターンシッププログラム「SEND」の理念を受け継ぎ、APUへの入学予定者のための準備プログラムを企画・運営することによって、世界の日本語学習者の学びを促進し、自身の異文化理解を深め、日本と他国の架け橋となる人材育成を目指します。

本プログラムは「PBL(Project Based Learning)型」のプログラムです。APUの持つ文化的なダイバーシティを活用しながら自文化と他文化を学び、かつ教育活動を企画運営します。内容としては、APUに入学予定の国際学生に対して、日本文化・社会の導入の事前学習プログラムの開発・運営を行います。受講生は国際・国内学生混合の小グループでAPUに入学予定の国際学生への授業を教員の指導のもとにデザインし、他の学生との予行演習を経て、オンラインで授業を行います。1グループにつき2単元(2つのトピックに対して1回ずつの授業)を担当することを基本とし、他のグループが授業をする際は補助に回り、全員で運営します。

プログラムのねらいは以下のとおりです。

  • 異文化について学ぶとともに、APUに入学予定の国際学生が経験するであろう異文化適応に対する理解を深める。
  • 個人やグループでの振り返りを通して内省的な考察を行い、他者と自己および他文化と自文化に対する理解を深める。
  • 事前授業、実習、事後授業を通して、目標設定と伸ばしたい能力、それに繋がる具体的な行動について考える訓練を行い、プログラム後の個々の目標設定や具体的な活動に繋げる。

コロナ禍で海外渡航や国際交流が以前のように出来ない状況が続いている中、オンライン上で国際交流や自己成長が出来るプログラムを模索した結果、本プログラムが生まれました。日本文化の紹介活動を通して、自文化、他文化を見つめなおし、企画運営を通して自己成長を促すプログラムです。
国際交流がしたい、何かに挑戦したい、などなど、興味のある方はぜひご応募ください。

募集ガイダンス

※募集ガイダンスは終了しました。
ガイダンス録画映像

募集要項

2021年度プログラム募集要項 (PDF) ※5月5日(水)更新

シラバス

2021年度プログラムシラバス (PDF) ※5月5日(水)更新

プログラム概要
実施時期 2021年6月19日~2021年8月11日
募集定員 国内学生20名、国際学生10名
(最少催行人数 15名)
実施場所 ZOOM(オンライン授業)
プログラム費 不要
申請条件
  • 日本語基準学生の場合、英語中級を修得済み(もしくは履修免除)であること。
  • 英語基準学生の場合、日本語中級を修得済み(もしくは履修免除)であること。
  • 事前授業・実習・事後授業、ガイダンスに全て出席できる者。
    ※他の授業等と重複する場合、特別な配慮はありません。
  • 申請時点で第1セメスターから第7セメスター生。
  • 2021年度春セメスターにおいて、在籍状態が「通常」である者。
    ※「休学」、「留学」等でないこと。
  • APUを代表し、責任を持って活動ができる者。
  • プログラムの趣旨・目的を理解し授業に真摯に励む者。
  • 異文化を受け入れ、理解を深めながら能動的に他者と関わることができる者。
選考方法 書類審査、成績等による総合的な選考を行います。
※面接を実施する場合もあります。その場合は個別に連絡します。
申請情報
申請期間 2021年5月6日(木) ~ 5月20日(木)16:30
申請方法 以下の申請フォームから申請をお願いします。

オンライン申請

問い合わせ先

アカデミック・オフィス
異文化学習オンライン授業開発プログラム
担当:広地、鬼丸、井戸沼
Mail:send@apu.ac.jp


ページトップへ戻る