立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

卒業生が在校生と映画上映イベント「MOVIE UPDATE vol.1」を開催

学生生活

2009/12/9

2009年11月28日(土)、29日(日)の2日間、APU卒業生の尾関 成貴さん(2007年春、APS卒業)と在校生のグループが、別府の活性化を目的に別府市内の映画館・別府ブルーバード劇場の開館60周年を記念して、映画と音楽のイベント「MOVIE UPDATE」を行いました。イベントでは、俳優の渋川 清彦氏や映画監督らを招き、スペースシャワーTV の人気番組の公開収録や、映画上映、アコースティックライブなどを行い、別府ブルーバード劇場の60 周年を盛り上げました。


イベントは、映画好きの尾関さんが大学時代から考えていた「好きな俳優と一緒に自分も映画を上映したい」という思いのもと実現しました。会場となった別府ブルーバード劇場は60年の歴史を持つ別府市唯一の映画館で、学生時代に自主上映を行うなど、尾関さんにとって思い出深い場所でした。このイベントは、映画館で映画を見ることのよさを多くの方に知ってもらうこと、また映画館から映画や音楽の情報を発信することで同劇場の活性化を目指して開催されたものです。

1日目は、‘渋川清彦祭り’と銘打ち、俳優 渋川 清彦氏を招いて彼の出演作4本を上映しました。また、尾関さんを司会に、渋川氏と上映された映画の監督である豊田 利晃氏、風間 詩織氏の4名でトークセッションを行い、両監督と渋川氏が互いの出会いや印象などを語りました。渋川氏は、「MOVIE UPDATE初日は渋川清彦祭りだが、25歳の若者がこのような企画を実施することが素晴らしいと思う」とコメントしました。また、尾関さんは、「高校時代に『青い春』を観てから映画館に通うようになった。このイベントが、皆さんに色々な映画館に足を運ぶきっかけになって欲しいです」と挨拶しました。



2日目は、渋川氏のほかにミュージシャンの曽我部 恵一氏、DJやモデルを努める坂田 かよ氏を招き、映画上映だけでなく、トークやライブを行いました。これは、音楽専門チャンネル・スペースシャワーTVの映画紹介コーナー「CLOSE-UP」の公開収録も兼ねています。

尾関さんは、在学生と共に実施できたことについて「映画館で何をしたら面白いか、新しいアイデアを学生からもらえました。自分だけでは出来なかったと思います。今後もこのような企画を実現していきたいです」と感想を述べました。会場には幅広い年代の姿が見られ、それぞれが思い思いに映画や音楽のイベントを楽しみました。

MOVIE UPDATE公式ブログ http://filmjp.exblog.jp/



  • LINEで送る

PAGETOP