立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

学長・副学長ノート

新入生へのメッセージ(2017秋入学式)

2017/9/25

是永 駿 学長

APUへのご入学、おめでとうございます。この秋、アジアから19カ国、中東から3カ国、アフリカから16カ国、北中南米から3カ国、オセアニアから8カ国、ヨーロッパから17カ国の国や地域から649名の学生を迎えました。アフリカの島国サントメ・プリンシペ、太平洋の島国キリバスとニウエから初めて学生を受け入れられたことを大変嬉しく光栄に思っています。APUは春・秋二回の入学を行っており、この秋の新入生を加え、現在、88カ国・地域2,994名の国際学生、2,834名の国内学生、計5,828名の学生が在籍しています。

APUは開学から17年が経ちましたが、この間、世界中から148カ国・地域の学生がこのキャンパスで学び、すでに1万5千名を越える校友が日本、それぞれの母国あるいは海外で活躍しています。教員も半数が外国籍で、24カ国・地域からやって来ています。日本はもちろん、世界でも他の追随を許さないこの多様性あふれるキャンパスで、お互いの能力を高め合い、切磋琢磨して、有意義な学生生活を送ってください。私たちが多様性を追求するのは、多様性が創造性を生み、互いの存在を尊重し、理解を深める国際的なセンスを育てる、と考えるからです。

日本には国公立合わせて約780の大学がありますが、2014年、日本の文科省がこの中から「スーパーグローバル大学」として37の大学を選びました。APUも日本の高等教育の国際化を牽引してきた実績が認められて、その内の1校に選ばれました。この37大学の中でもAPUの多様性は際立っており、今年イギリスのTimes Higher Educationが初めて世界大学ランキング日本版を公表しましたが、APUは、国際的環境で1位、総合24位にランクされました。私たちはこの多様性あふれる多言語多文化環境を活かして、対話と協調を通して新しい価値を生み出す世界市民を育てる、というビジョンをかかげています。私たちが提供する国際基準の教育は、皆さんの才能を発掘し、花開かせるために用意されたものです。ここで、自らの実力を蓄え、生きていく道を切り拓いて下さい。才能は鍛えなければ花開きません。皆さんそれぞれに理想の人間像があると思います。スマートな知性を具えた人間、真偽を見分け知的に闘える人間、というのも理想的なイメージのひとつでしょう。理想ですから、そこへ到達するのはなかなか難しい。しかし、そういう理想像を思い描くことから、自分を高めたいという思い、生きる力が湧いてきます。

昨年、APUの国際経営学部と経営管理研究科はAACSBという国際認証機関から認証を取得しました。日本では3校目ですが、学部と大学院のコースを英語で申請して取得したのは日本で初めてです。APUは世界のビジネススクールと連携を深めて、アジアのトップクラスをめざします。APUは創立時から日本の経済界と密接な関係を築いてきました。毎年多くの企業が新卒学生の採用のために、東京や関西からAPUのキャンパスを訪れます。APU生が日本の経済界に歓迎されるのは、学生が身につけた専門性と、グローバル・マインド――異なる文化、価値観への開かれた精神と新しいものに挑戦する精神です。何事も、挑戦しなければ成功もありません。このユニークなキャンパスで、自らの人生を切り拓く挑戦の日々を送ってください。

PAGETOP