立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

学長・副学長ノート

新入生へのメッセージ(2017春入学式)

2017/4/1

是永 駿 学長

APUへのご入学、おめでとうございます。この春、1,014名の新入生を迎えて、現在、世界86カ国からの国際学生2,955名、国内学生2,962名、計5,917名の学生が在籍しています。日本には約800の大学がありますが、これほど多くの国・地域から国際学生が学んでいるのはAPUだけです。国内学生も九州、関西、首都圏などを中心に全国から集まっています。APUは、クラスやサークルや学生寮での生活を通じて、世界のさまざまな国の友人ができるキャンパスです。

APUは標高300mの丘の上に立地しています。この丘の上のキャンパスが皆さんがこれからの4年間をすごし、自分の将来を切り開く、それぞれの人生の扉を開く場所となります。APUは、そのための理想的な場所と言っていいでしょう。まず、遠く太平洋に続く別府湾が一望できるキャンパスで、快適かつ安全な学生生活を送ることができます。創立から16年の月日が経ちましたが、建物は最新の耐震構造で、昨年の熊本・大分地震でもびくともしませんでした。そして何よりも、日英二か国語で提供される魅力的な国際標準のカリキュラムを具えており、多くの優れた教授陣が、皆さんの好奇心と探求心に応えてくれます。

人間社会は、インターネットによる情報革命で一気にグローバル化が進んだのですが、異なる民族、異なる文化への理解はそれほど深まってはいません。互いに理解を深めるどころか、社会全体から寛容さが失われ、排他的なエゴイズムに閉ざされようとしています。排他的なエゴイズムや民族差別は、何も新しい知恵を生みませんし、憎しみを掻き立てるだけです。その差別や憎しみによる対立が人類を愚かな戦争へと駆り立てて、悲惨な歴史が繰り返されてきました。愚かで悲惨な戦争を回避し、平和的に共存する道を歩むにはどうすればよいのか。この世界に平和的な共存をもたらすのは、異文化に開かれた精神、お互いの違いを乗り越えて新たな知恵を獲得しようとするたくましい精神です。それがほんとうのグローバルな精神なのです。排外的なエゴイズムや民族差別という愚かな思想に組みしてはいけません。

世界の多くの国・地域の学生が集うAPUの多言語多文化環境は、お互いを尊重し、異文化を理解しあう精神を育む理想的な場所です。美しい風景、快適で安全な丘の上のキャンパス、優れた教育、多様性が育むグローバルマインド、この理想的なスポットを誇りに思ってください。日本に約800の大学があると言いましたが、2014年にその中から37大学が日本のトップ・グローバル大学であると認定され、APUもその中のひとつの大学として選ばれました。昨年2016年には、世界のビジネス・スクールを評価する権威ある国際認証機関から、APUは世界トップクラスのビジネス・スクールであると認定されました。この地球上には約1万7千のビジネス・スクールがあるのですが、その中のトップクラス5%の仲間入りを果たしました。APUの学生としての誇りと自信を持って、4年間、健康に気をつけて、明るく規律ある学生生活を送ってください。

2017年4月1日
立命館アジア太平洋大学
学長 是永 駿

PAGETOP