立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APUテニス部 南九州王座決定戦で男女共に入賞

2008/11/18

2008年10月25日(土)〜27日(月)に、宮崎県総合運動公園にて行われた「南九州王座決定戦」にAPUテニス部が出場し、男女共に3位となる好成績を収めました。


「南九州王座決定戦」は南九州(大分、鹿児島、熊本、長崎、宮崎)に位置する各県の大学のテニス部が集まって行われる団体戦で、24大学から76チームが参加し、優勝目指して戦いました。今回APUテニス部からは、男子部、女子部各2チームが参加しました。

男子は、チーム②が初戦で優勝候補のチームに当たりながらも、厳しい戦いを征して、ベスト4まで勝ち進む快挙を成し遂げました。女子は、1年生のみで編成されたチーム①が快進撃を続けてベスト4まで進出。結成して間もない1年生でしたが、団結力と実力は他大学に劣らず非常に良い試合を見せてくれました。男子、女子共に3位という好成績を収めたのは今回が初めてで、他大学のテニス部にAPUテニス部の印象を強く残すことができる結果となりました。

今回の結果をうけて代表の米原敬博さん(APS2、日本)は「先輩と後輩が和気あいあいと、非常に良い雰囲気で練習しています。この結果に満足せず、これからも練習に励み、積極的に試合に参加していきたいと思います」と、今後の抱負を話してくれました。

APUテニス部は今年で創部7年目を迎え、順調に成績を伸ばしています。テニス部の今後の更なる成長が期待されます。

南九州王座決定戦 成績
男子部 
チーム① 1ラウンド敗退
チーム② 3位(ベスト4)
松下剛士 APS4、日本 畑中駿佑 APM4、日本 山岸祥平 APS4、日本
福留裕也 APM4、日本 梅田祐希 APS4、日本 西村宏之 APS4、日本
川﨑裕之 APM4、日本 岡主親  APS3、日本 
女子部 
チーム① 3位(ベスト4)
津田沙織(APM1、日本)坪井美都(APS1、日本)中山 瞳(APS 1、日本)
東 寛子(APS1、日本)重松 晶(APS1、日本)
チーム② 1ラウンド敗退



  • LINEで送る

PAGETOP