立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

言語WEEK スタート!

2005/4/22


APUですっかり恒例となった言語WEEKが、いよいよスペイン語を皮切りにスタートします。



APUでは、アジア太平洋の言語を学びながら、その地域の文化・伝統の知識をより深く知るため、中国語、韓国語、マレー語・インドネシア語、スペイン語、タイ語、ベトナム語の6言語の授業を開講しています。

春に入学した学生は、秋からこれらのアジア太平洋言語(AP言語)を学び始めます。そこで春セメスター期間中にこれらの言語を母語とする学生や現在履修中の学生達が協力し、それぞれの言語と文化を紹介するのが言語WEEKです。多文化を体験できるのはもちろん、新入生がAPUで学ぶ言語を選択するきっかけの一つにもなっています。



今回のスタートを飾るスペイン語Weekは4月25日(月)から29日(金)までで、コスタリカやエクアドル、スペインなどスペイン語圏出身の国際学生と国内学生が協力して準備をしており、カフェテリアでの民族衣装や民族楽器の展示や、ミレニアムホールでのステージイベントが予定されています。

29日に行われるステージイベントは大分市の岩田学園の生徒によるクラシックギターの演奏や、ケーナなどの民族楽器による南米音楽の演奏、セビリア地方のダンスなど、スペイン語圏ならではの魅力が詰まった内容になりそうです。また民族衣装やサッカーチームのユニフォームを着るファッションショーでは、来場者がモデルになる企画も用意されています。

準備に取り組んでいる、APU学生登録団体「Chispa Latina」の代表、宮嶋真人さん(APS3回生)は「床が熱くなるくらい情熱的なステージを提供したいと思っています。一緒に熱く燃え上がって楽しみましょう」と来場を呼びかけています。

スペイン語Week
ステージパフォーマンス
日時:4月29日(金) 18:30〜
会場:ミレニアムホール
入場無料



今後の言語WEEKの日程は以下の通りです。

  5月 2日(月)− 6日(金) 中国語
  5月 9日(月)−13日(金) 韓国語
  5月16 日(月)−20日(金) タイ語
  6月 6日(月)−10日(金) マレー語・インドネシア語
  6月13 日(月)−17日(金) ベトナム語

韓国語Week期間中には、Ra Jong-yil(羅鐘一)駐日大韓民国特命全権大使が来学され、講演する予定です。



  • LINEで送る

PAGETOP