立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

「APU孔子学院2008春特別講演会」開催

2008/5/20

2008年5月19日(月)、北京大学副学長で著名な経済学者でもある張国有(チョウ・コクユウ)氏による「APU孔子学院2008春特別講演会」が研究棟H202教室において開催されました。この講演会はAPU学生の今後の学習研究への励みとなる場を提供するとともに、地域の方へも公開し、その知的関心に応えることを目的として企画されたものです。
この講演会に先立ち、張氏は北京大学関係者、立命館孔子学院院長、にモンテ・カセム学長と懇談を行い、歓迎昼食会が行われました。

講演会場には、たくさんの学生、一般市民の皆さんが聴講に訪れ、満席となりました。講演会の冒頭には、四川省大地震の被害者に哀悼の意を表し、参加者全員による黙祷が行われました。

続いて始まった講演会で張氏はまず、この大地震被害者へのAPU学生の募金活動に、感謝の言葉を述べました。
その後「中国の持続可能な経済成長」をテーマに、貧富の格差、資源エネルギー、公害と地球環境などの諸問題を抱えつつ、持続的な経済成長を中国でどのように実現していこうとするのかについて講演されました。その中で張氏は「中国が持続的に経済発展を遂げるためには、資源エネルギーの持続的負担力、農村部からの物質的な需要の増加、友好協力的な国際環境の形成が重要である。」と語られました。



  • LINEで送る

PAGETOP