立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

フィリピンとチュニジアのJICA研修員を受け入れました

2007/11/8

今年10月に、APUではJICA研修員一行を二組受け入れました。JICAでは無償支援事業として発展途上国の地域振興事業に従事する公務員管理職や地方自治体首長を対象に、一村一品運動に関する研修を開催しています。

まず、10月15日から18日の間に、「フィリピン地方自治クラスター活性化セミナー・一村一品運動」研修に参加しているフィリピンからの研修員8名が来学し、講義やグループ討議を通じて地方政府の役割や、事業計画立案、評価手法などについて学ぶ一方、県内の一村一品運動の現場にも実際に足を運びました。また、10月30日からは「チュニジア一村一品運動」コースの研修員10名が来学し、同様の研修を行いました。



APUでは2006年10月にも「一村一品国際セミナー」が開催され、日本国内だけでなくアジア・アフリカ諸国に広がる一村一品運動について、各国の一村一品運動の実践者、研究者、政府関係者が一同に集まり、各国において顕著な都市と農村部の経済格差等の課題、各地域における地域づくりの現状と今後について情報や意見を交換しました。
http://www.apu.ac.jp/home/news/article/?storyid=390



  • LINEで送る

PAGETOP