立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

中国国家教育行政学院特別研修を受け入れました

2007/11/1

10月19日(金)、「中国国家教育行政学院特別研修」の一環で、南京大学や厦門大学などを初めとする中国政府から国家重点大学に指定された大学の幹部21名がAPUを訪問しました。


この研修は、中国国務院教育部の直轄組織である国家教育行政学院が、国家重点100大学の改革を推進するために、2004年以来、学長以下の大学幹部ならびに各省教育部の幹部を対象に、毎年欧米等に3週間程度、約30名を派遣しているもので、本年においては、韓国に1週間と日本に2週間、計3週間派遣し実施されました。

日本での研修については、学校法人立命館に委託され、立命館がプログラムの開発と研修員の受入を行い、研修員は日本の高等教育制度や大学の管理運営の実例や大学改革・教育改革等について学びました。

研修は、立命館大学を拠点に、APUでの講義や、文部科学省、東京大学、早稲田大学等でのフィールドワークなどを経て、10月27日(土)まで実施されました。



  • LINEで送る

PAGETOP