立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

9月入学式で世界各国・地域総勢645名の新入生を歓迎

2007/9/25

9月21日(金)、2007年9月入学式がAPUミレニアムホールで開催され、645名の新入生を迎えました。秋の入学者数は、55カ国・地域出身の学部生472名(国内学生32名、国際学生440名)、大学院生95名(国内学生2名、国際学生93名)、短期・交換留学生78名(国内学生9名、国際学生69名)です。モザンビーク、カザフスタン、アイスランド出身の学生はAPU初の受け入れ国となります。


式では、モンテ・カセム学長が、「APUの多文化環境においては、多くのそれまで馴染みのなかった習慣に日々遭遇し、そしてその中からお互いの共通な価値を見つけて行くという挑戦が求められます。故郷を遠く離れて到着された国際学生の皆さん、日本の文化風習に少しずつ馴染みながらこの社会から多くのことを吸収してください。」と挨拶しました。

その後、在校生を代表して寺井康二さん(APM3、日本)が歓迎の挨拶を行い、新入生を代表して、LI Zhiyiさん(APS、中国)、KHOO Boon Liangさん(GSA-APS、シンガポール)がそれぞれ挨拶しました。LI Zhiyiさんは、「異なる文化背景のための衝突や文化交流は私たちの視野を広げ、私たちの思考をよりよいものにするでしょう。私たちは、世界の、そして各国の未来であり、人類共通の目標を目指すためにここに集まったのです。」と抱負を述べました。

入学式の締めくくりには、恒例のAPU在校生によるサークルパフォーマンスが盛大に行われ、新入生のAPUでの新たなキャンパスライフにエールを送りました。



  • LINEで送る

PAGETOP