立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APUミレニアムホールで289人が卒業を祝う−2007年9月学位授与式開催

2007/9/18

2007年9月14日(金)、APUミレニアムホールで2007年9月学位授与式が開催され、41ヶ国・地域289名が卒業しました。父母の皆さんそして友人や後輩ら、約800人が集い、卒業生たちの新しい門出を祝いました。


式では、モンテ・カセム学長が卒業生へ贈る言葉として「常に夢を持ち続け、そして夢を実現させる逞しさを持ち続けて下さい。青年から大人へ、今日から明日への新たなステージへ、皆さんが己の道を探求する旅が良きものとなることを心から願っています。」と挨拶しました。

学部代表者、大学院研究科代表者に学位記授与が行われた後、安藤百福栄誉賞受賞者のTANINA, Elena B.さん(APM、ブルガリア)は学部卒業生代表として「学問も、さらに正課外にも優れた成果を修めたことを、卒業できた私達にだけではなく、私達の家族、友達、教職員を含めてお祝いの言葉を贈ります。おめでとうございます。」と卒業の言葉を述べました。

引き続き、大学院卒業生代表のBUI Anh Tuanさん(GSAM-APS、ベトナム)は「自分の取り組む事を愛し、全身全霊でそれに挑み、どんな困難にも積極的に立ち向かってください。」と語りました。

最後に、会場で卒業生が学帽を高らかに投げ上げ、式は幕を閉じました。卒業生にとっては、人生の節目を迎えた日であり、新たなスタートを切る日となりました。

学長の挨拶全文は こちらをご覧下さい。





  • LINEで送る

PAGETOP