立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

JICAブルガリア・ビジネス人材育成センタープロジェクト研修員受入

2007/5/25

APUでは、「JICAブルガリア・ビジネス人材育成センター」プロジェクトにより、国立ソフィア総合経済大学付属大学院ビジネス人材育成センター(Institute for Postgraduate Studies at University of National and World Economy – Sofia/以下IPS)から2名の研修員(Valentina Dramalieva教授とGeorgi Zabunov教授)を2007年4月2日から5月29日の約2ヶ月間受け入れました。


今回で4度目となるこのプロジェクトは、IPSにおける、中小企業経営者の経営能力向上を目的とした研修コースを支援するものです。

APUは国際社会の発展に寄与する国際協力・貢献への取り組みを、21世紀社会の中で教育研究機関が果たすべき役割と認識し、国際社会の発展に資する社会貢献を国際協力として位置づけ、APUを含めた立命館学園全体の重要な柱の一つとしています。この「JICAブルガリア・ビジネス人材育成センター」プロジェクトは、独立行政法人国際協力機構(JICA)の委託を受けて、ODA (Official Development Assistance/政府開発援助)の一端として、行っているものです。

2ヶ月の研修においては、東京・関西・大分県内を含む九州でのフィールド・トリップ、指導教員による研究指導・面談、APUのMBAコースの授業受講などが行われました。

Valentina教授とGeorgi教授は、「APUで学んだ経験を活かして、日本式経営法をブルガリアの学生たちに伝授したい。」「ブルガリアも日本のように、古くから受けつがれている文化や伝統をidentity(アイデンティティー)として持ち続ける国家でありたい。」と話してくれました。この2名の研修員は5月29日の修了式を経て帰国しました。



  • LINEで送る

PAGETOP