立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

ゴールデンウィークのAPU〜交響楽団演奏会と能楽・神楽公演〜

2007/4/26

春セメスターの授業が始まり、学生は新たな気持ちで勉学に励んでいます。課外活動でも新入生を迎えてフレッシュなスタートを切りました。ゴールデンウィーク中に開催される、APU学生の正課外活動団体によるイベントを2つ紹介します。



APU交響楽団「第二回定期演奏会」のお知らせ

4月29日(日)午後2時から、APUミレニアムホールにてAPU交響楽団の第二回定期演奏会が行われます。

APU交響楽団は2005年10月に設立し、2006年4月にはミレニアムホールの満員の聴衆を前に、第一回の定期演奏会を大成功に収めました。

APU交響楽団が目指す、別府市、大分県、さらにアジア太平洋地域の音楽文化の発展に貢献するという目標に向けて、今回の演奏会では九州地域の音楽文化、特に学生オーケストラの発展にご尽力いただいている福田隆先生を指揮に迎え、新たな成長を図りたいと団員が一つになって音を作っています。

出演はAPU交響楽団と大分県内の演奏家の方々、曲目は「ヘンゼルとグレーテル」「カレリア組曲」「ベートーベン交響曲第7番」のロマン派音楽を中心に演奏する予定です。なお、公演の入場料は500円(小学生以下は無料)となっています。事前の予約は不要です。

「桜月」開催のお知らせ

5月1日(火)19時30分から、APUミレニアムホールにてAPU能楽サークルとAPU神楽社(新規サークル団体申請中)の共同自主公演「桜月」が開催されます。入場は無料で、一般の方も来場いただけます。

この公演は、新入生を歓迎するとともに、APUという国際的な場でこそ発見できる日本の伝統の面白さを在校生に知って欲しいと企画されたものです。

当日の演目は、「船弁慶」「羽衣」(客演あり)「大蛇退治」「芝引き」などが予定されており、メンバーは当日の成功に向けて練習を重ねています。



  • LINEで送る

PAGETOP