立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

「新歓祭」開催

2006/5/17

2006年5月13日(土)、学生登録団体Baseイベントが、1ヶ月間にわたる新入生歓迎月間のフィナーレとして、「新歓祭☆ピカピカ☆2006」を開催しました。在学生や新入生などおよそ500名が参加し、新たに仲間入りした38カ国・地域の学生を祝いました。

新入生歓迎月間とは、新入生歓迎実行委員会CWF、Academic Union、体育連盟ASCA、学園祭実行委員会Baseイベントの4団体で設立されたWelcome Committeeが新入生の歓迎とサークル活動の活性化を目指して今年初めて行ったものです。今回は2回生が中心となって活動を行いました。

この新歓祭のテーマには、"APU (up) to you"「APUからあなたへ」と「あなた次第で1人1人の輝ける場所を見つけることができる」という二つの意味が込められています。まだ不安を抱えた新入生に、こうしたイベントを機に色々な事に挑戦して自分の道を見つけて欲しいという在学生からの応援の意が込められています。



当日は雨天にもかかわらず、学生サークルやその他の団体によるステージパフォーマンスや模擬店、フリーマーケット、九州各地のアマチュアダンサーによるパフォーマンス、新入生の学生生活の相談に先輩が応じる「夢応援プロジェクト」など盛りだくさんの内容で、新歓祭は盛り上がりました。



新歓祭終了後、Baseイベント代表の恵良仁美さん(APM2回生、日本)は、「先輩方が就職活動等で不在の中、この企画を成功させるのは容易ではありませんでしたが、私たちを歓迎してくれた先輩への恩返しの意味も込め、一人ひとりが責任を持って取り組んだことで新歓祭を成功に導く事ができました。協力して下さった多くの方々に感謝しています」と話しました。


  • LINEで送る

PAGETOP