立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

第4期オナーズプログラム開講式

教育プログラム

2018/4/24

APUは、2016年秋よりAPU生のロールモデル(模範的存在)となり、APUの多文化環境の中で他の学生、母校および国際社会、地域へ貢献する学生を育成する特別プログラム「Honors Program for Global Citizenship」を開始しています。

4月1日にオナーズプログラム開講式を行い、プログラム4期生の17名(国際学生7名-インドネシア、韓国、スリランカ、ネパール、ベトナム、南アフリカ出身-と国内学生5名)に対し、出口学長が一人ひとりに認定書を授与し、激励しました。

本プログラムは1回生の選抜された学生らによって構成され、4年間に渡ってAPUの多文化環境を存分に活かして、同じ志をもつ仲間と切磋琢磨し、「アジア太平洋の未来創造に貢献する有為の人材」へ成長しようと努力する学生をサポートするプログラムです。

APUでは、本プログラムを通じ、APUの多文化環境を存分に活かして、以下のような学生に彼らが成長することを期待しています。

  1. APUの基本理念である「自由・平和・ヒューマニティ」「国際相互理解」「アジア太平洋の未来創造」を理解し、「アジア太平洋の未来創造に貢献する有為の人材」へと成長する強い意志を持ち、努力を怠らない学生。
  2. APUの多文化環境の中で、様々な学生、教員、職員と協働できる学生。
  3. APU学生のロールモデルとして高い倫理観を持ち、自らの利益を求めるだけでなく、他の学生、母校および地域へ貢献する姿勢を有する学生。

オナーズプログラムの詳細は、こちらをご覧ください。

出口学長(前列中央)、プログラム4期生の学生とメンターの教職員たち



  • LINEで送る

PAGETOP