立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

安藤百福名誉博士奨学金受賞者が日清食品株式会社を訪問

2006/2/28

2006年2月20日、APUの安藤百福名誉博士奨学金受賞者と立命館大学(RU)の安藤百福名誉博士栄誉賞受賞者が、安藤百福名誉博士への挨拶のため日清食品株式会社を訪問しました。
受賞学生10名(APU8名、RU2名)のうち、当日はAPU6名、RU2名の学生が参加しました。
これらの賞は、安藤百福名誉博士(日清食品株式会社 創業者会長)のご厚意により設立された奨学金であり、学生の勉学や課外活動を奨励するものです。詳しくは下記をごらんください。



当日、訪問した学生たちは、インスタントラーメン発明記念にて発明のきっかけなどを聞き、実際に自分自身でインスタントラーメンを調理した後、日清食品株式会社本社にて安藤百福名誉博士に御礼の言葉を述べました。
受賞者の一人であるSHRESTHA, Prettyさん(APM2回生、ネパール)は「奨学金を頂いたことに、たいへん感謝しています。将来は、ネパールと日本のベンチャー企業を支援するような銀行を設立したいです」と感謝の言葉とともに将来の抱負を述べました。



**********************************
安藤百福名誉博士栄誉賞(オナープライズ)
安藤百福名誉博士(日清食品株式会社 創業者会長)のご厚意により設立された奨学金であり、学部の卒業予定者で、意欲的な進路の目的を掲げ、将来、アジア太平洋地域で大きな貢献を果たそうとしている者を励ますことを目的としたもので、毎年2名以内の学生が受賞しています。

安藤百福名誉博士奨学金(スカラシップ)
栄誉賞同様、安藤百福名誉博士のご厚意により設立された奨学金であり、在学中に学業成績が優秀で、人格識見に優れ、諸活動においてもリーダーとして顕著な成果を修めた者に対して、支援と奨励を行うことを目的としたものです。毎年2回生、3回生からそれぞれ4名以内の学生が受賞しています。


  • LINEで送る

PAGETOP