立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

ニュース

日本ケロッグ合同会社 CFO 池側氏が講演

講演・シンポジウム|来学者

2016/2/5

2016年1月20日(水)、日本ケロッグ合同会社 執行役員・経営管理・財務本部長 池側千絵氏による「企業価値と自分の価値を両方高める仕事のしかた ~外資系企業CFOの仕事~」と題した講演会を行いました。

大学卒業後、P&Gジャパン株式会社に入社して以来、日本マクドナルド株式会社でのフランチャイズ事業担当財務部長、レノボ・ジャパン株式会社のCFOなど一貫して外資系企業のファイナンス部門に勤務してきた池側氏の講演に、集まった学生たちは熱心に耳を傾けました。



講演会の冒頭では、文学部出身の池側氏がファイナンス部門に入社した経緯や、どのようにキャリアを築いたのかを述べました。また、外資系企業のCFO(Chief Financial Officer)は、「会社の儲けを増やして企業価値を高める」ために、経営も数字も理解できなければならないとし、ファイナンス部門の仕事内容を重要度・難易度順に細かく解説しました。また、ファイナンス以外の部署(営業やマーケティング、人事など)においても、会社の経営や利益についての意識が必要なことを、具体的な例を挙げながら説明しました。

仕事に必須な専門的な知識を基盤として、チームで働く力、企業価値を高める行動が、自分の価値を高めることにつながり、さらに周囲の人にも同様の価値観を共有するように働きかけることによって、仲間の価値も高まっていくと語りました。

最後に、池側氏はワークライフバランスについて言及し、「ワークとライフのどちらかではない。大切なのは、バランスではなくブレンドすることだ」と述べ、自らが取り入れている仕事とプライベートを両立させるための工夫や、自身のキャリア観について語りました。



講演会の最後に設けられた質疑の時間には、質問が多くの学生から活発に寄せられ、池側氏はわかりやすく答えました。
参加した学生からは、「働く母という姿が、とても魅力的で憧れました」「出産や育児など壁は多いと思いますが、女性として頑張りたいと思いました」「そもそも働くとは、自分のためなのか、何なのか考えさせられました」などの感想が聞かれました。

本講演は今年度GAISHIKEI LEADERSと共催した全3回の連続講座の最後の講演となります。次年度もグローバルに活躍する魅力的な社会人と学生が出会う機会を増やす予定です。

*GAISHIKEI LEADERS
外資系企業での仕事等を通じて日々グローバル社会とかかわってきたメンバーが、自らの『和魂洋才』を一層磨き上げ、社内外で活用し、グローバル社会と調和した、開かれた元気な日本の未来を実現することを目指し、設立されたコミュニティ・プロジェクト。
(当該団体ホームページより抜粋:http://gaishikei-leaders.com/

PAGETOP