立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

2015年秋 学位授与式

学生生活|イベント

2015/9/11

2015年9月11日(金)、APUは2015年秋の学位授与式を行いました。学部と大学院併せて33カ国・地域から405名(国際学生322名、国内学生83名)が晴れの日を迎えました。会場となった別府市のビーコンプラザには、世界各地から集まった卒業生のご家族や友人も集まり、APU で培った様々な学びを糧にして新たなステージへ出発する卒業生を祝福しました。

是永 駿 APU学長は、昨年度1年間をかけて学生、校友、教職員が議論を重ね策定した2030年に向けての展望「APUのビジョン」についてふれ、卒業生が活躍する姿が在学生を導く教材となることや、卒業生との協力関係やネットワークを作り上げていく過程の中で、そのビジョンのテーマ「APUで学んだ人たちが世界を変える」というAPUの究極のビジョンに近づくことができると語り、卒業生たちへ向けて激励の言葉を贈り学長挨拶を締め括りました。

続いて代表学部卒業生と代表大学院卒業生は、これまでの学生生活を締めくくる挨拶をしました。

学部代表生として、今年度の安藤百福名誉博士栄誉賞の受賞者であるAKRAMOV Akbarjonさん(国際経営学部、ウズベキスタン)は、感謝の言葉と共に卒業生全員へ向けて「私の夢は『ビジネスを通してよりよい世界を創ること』です。APUで学んだ、経営学とリーダーシップの経験が、私の夢をより現実的なものに近づけました。日本でもっとも大きな総合商社のひとつで働きながら、この夢を実現させるつもりです。多くの人々の生活水準を向上させるビジネスを創造することにより、APUの理念である『自由・平和・ヒューマニティ』『国際相互理解』『アジア太平洋の未来創造』に貢献できるグローバルリーダーに成長したいです。
私たちはAPUでの生活を終え、それぞれの目的地に飛び立ちます。大学院に進学する人もいれば、日本で仕事をする人、または国に帰って働く人もいます。今日から私たちを結ぶのは、APUで築いてきた友情と思い出です。将来、いつかどこかで、さらなる成長を遂げた皆さんとでお会いできる日を心待ちにしています」とのメッセージを贈りました。

大学院生の代表としてEVANGELISTA Miguel Felipe Lim Cotayさん(経営管理研究科修士課程、フィリピン)は、「APUの大学院生として過ごしたこの2年間は、私にとって、共に語り合い、思い出を振り返りたくなる、とても忘れ難い経験に溢れたものでした。学業の分野について言えば、私は自分の頭の中で数え切れない程の数字を駆使し、会計や投資、統計、経済に関する多くの概念を巧みに操って学問に取り組んできました。私達を担当していただいた先生には、限界まで学問の高みに導いていただきました。私達クラスメイトは固い絆で結ばれたひとつのチームとして課題にチャレンジし続け、互いに助け合うことで乗り越えてきました。
卒業生の皆さん、私達が生活を共にした場所から巣立つ時がやってきました。この間、一所懸命に学び、イベントや授業外の活動にも参加し、時にはリスクを伴いながら、私達は自分の世界を形作ってきました。次の挑戦に応じる準備は整いました。社会が直面している飢えや失業、環境破壊などの問題に対して、これまで以上に敢然と立ち向かうことが出来るのです。これからも自分の世界を形作りながら、より良い世界の創造をめざし、行動を続けていきましょう」と述べました。

式典の後、卒業生一人一人に向けての学位記授与が行われました。卒業生は、喜びに満ちた笑顔で学位記を受け取りました。その後、卒業生全員による“We are APU”の掛け声と共に赤い学帽が一斉に高く舞い上がり、拍手が鳴り響きました。卒業生は、笑顔で会場を後にし、それぞれが新たな人生のステージに向って歩き出していきました。







2015年秋学位授与者数
  国内学生 国際学生 合計
アジア太平洋学部 (APS) 51 79 130
国際経営学部 (APM)
30 194 224
学部合計 81 273 354
大学院アジア太平洋研究科博士前期課程 (GSAM) 1 36
37
大学院経営管理研究科 (MBA) 0 10
10
大学院アジア太平洋研究科博士後期課程 (GSAD) 1 3
4
大学院合計 2 49
51
合計 83
322
405

尚、今回の卒業式の様子はUSTREAMを使ってライブ中継しました。配信映像はこちらからもご覧いただけます。
APUギャラリー
http://www.apu.ac.jp/home/gallery/article/?storyid=131



  • LINEで送る

PAGETOP